できる人の脳が冴える30の習慣から脳を活性化させ、脳を冴えさせる方法を紹介!

16170viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
できる人の脳が冴える30の習慣

概要

忙しいビジネスマンが日常のちょっとした工夫や行動で、脳を活性化させ、脳を冴えさせる方法

毎日の生活習慣

■冷やしたチョコレートを2時に食べる
 ・チョコレートを食べると緊張がなくなりリラックスできる
  (キャンディやビスケットよりも効果が高い)
 ・チョコレートを冷やしておくと、冷たい刺激で脳が活性化する
 ・2時あたりは眠気が強いので、吹き飛ばすためにも有効

■物は日付で整理する
 ・記憶には時間経過がタグのようについている
 ・日付を書いて順に並べておくと、思い出しやすい

■忙しいを口癖にしない
 ・ネガティブな発言は脳を元気にさせるセロトニンが減少させる
 ・脳にストレスにかけて神経細胞事態を減らすことになる
 ・脳の働きを悪くしないためにもネガティブな言葉は使わない

集中力を高める

■強い動機で脳は動く
 ・脳は「なぜそうするのか」はっきりしていないと働かない
 ・動機付けがあると脳は達成するために神経回路を変化させる

■仕事は8割できたら、やめて帰る
 ・何かを達成すると、脳の意欲に関係するドーパミンが枯渇し快感がなくなる
 ・全部やり終えてしまうと、意欲がなくなってしまう
 ・8割できたら、あとは翌日にしたほうがやる気が湧く

■片づけをする
 ・片づけをするとセロトニンが増えて脳は安心感を取り戻す
 ・気分がすっきりして余分なストレスが解消される

いいアイデアが出る使い方

■脳が冴える曜日も把握する
 ・能力を十分に発揮するには、曜日も大切
 ・金曜、土曜日は仕事が終わり、解放感もあって記憶力が働きやすい
 ・人によっても違うので、自分に能力に合った曜日を活用する

よい負荷をかける

■週2時間くらいは複雑な運動をする
 ・運動をすると前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えた(運動で脳は活性化する)
 ・また運動によって様々な脳内物質も増えてくる
 ・単純なものよりも複雑な(不規則な)運動の方が活性化しやすい

■眠たくなったら他部署と話す
 ・午後2時は眠気のピーク
 ・軽度なストレスはアドレナリンによって、脳は元気になる
 ・慣れない他部署・他社と話すことで脳にストレスを与え、眠気を吹き飛ばす

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く