隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則!お金を増やす考え方や仕組みにまつわる10の法則とは

18302viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則―読むだけで投資のメソッドが染み込むショートストーリー10話 (アスカビジネス)

概要

お金持ちだけが知っているお金を増やす考え方や仕組みにまつわる10の法則

ローリスク・ハイリターンはありえない

■「100万円落ちていますよ」と人から言われても拾わない
 ・「5万円の投資情報で100万円儲かる」はありえない
 ・「5万円くれたら、100万円落ちている場所を教えるよ」のと同じこと
 ・本当に儲かるなら人に教えず、自分で投資する(拾う)はず

分散投資をする

■分散投資でリスクを減らす
 ・銘柄を分散する(複数の銘柄を持つ)
 ・時間を分散する(今が買い時かわからない)
 ・投資商品を分散する(お互いに連動しない資産を組む)

売れている商品を買わない

■商品選びよりも金融機関、FPに運用相談する時間をかける
 ・商品=薬、金融機関=医者
 ・効くか効かないかわからない売れている薬を売れば、医者が儲かるだけ
 ・本当にいい医者は個人に合った薬を見つけてくれる

パー狙いで長期で続け、致命的なミスを避ける

■手堅いファンドはゴルフ
 ・ゴルフの鉄則「ミスを減らす」「冷静さを失わない」
 ・投資もゴルフと一緒でこの2つが大切

長期的かつ継続的に利益を上げられる企業に投資

■個別銘柄は競争力で決める
 ・競争力=敵に攻め込まれにくい力
 ・ハイテクやネット企業は高成長だが、競争が激しい
 ・攻め込まれやすく、砂上の楼閣になることもある

複利と単利の違いを理解して商品を選ぶ

■複利と単利の割合を決めておく
 ・複利=遠い将来に大きくたまる
 ・単利=近い将来にたまる(分配金など)
 ・始める前にこの2つを運用割合を決めておく

長距離走でマイペースを走る

■投資=マラソン
 ・長期距離走者になるには失敗が付きもの
 ・相場が落ちたくらいでパニックになって短距離走者になってはいけない

スピードを調整する

■リスクをとり過ぎない
 ・投資初心者=免許取立ての初心者
 ・調子に乗ってスピードを出しすぎて、事故を起こす
 ・自分に合ったスピード(リスク・リターン)を把握しておく

牛から出るミルクの量から牛の値段を考える

■値段は2種類で決まる
 ・1つは需要だけで決まるもの(金、絵画、原油など)
 ・もう1つは需要+モノ自体が生み出す収益の価値で決まるもの(株、不動産など)
 ・ミルクの出ない牛(価値を生み出さない)が需要だけで高騰することもある
 ・株なら配当、不動産なら家賃を出せないものを高騰しているからと手を出さない

お金=社会に対して行った付加価値

■投資=ゼロサムゲームではない
 ・投資することでお金のない人が付加価値を生み出せる
 ・生み出した価値の分を対価として受け取っている
 ・投資は誰かを出し抜くゼロサムゲームではない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く