クリス岡崎に学ぶ!30分で英語が話せるための3つのポイント

9687viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
30分で英語が話せる

概要

99%の人が30分で英語を話せるようになる驚きのメソッド

覚えておきたい3つのこと

①すでに知っている700語の英単語だけ会話はできる
②たった「6つの正しい発音」を覚えるだけで、ネイティブに通じる
③文法はS→V→Oの語順だけで知っていれば大丈夫

700語の英単語だけで英会話はできる

■700語あれば実は話せる
 ・700語=5,6歳のネイティブの子供が使う言葉
 ・日常会話レベルなら700語でも十分話せる

■700語もすでに知っている
 ・使う700語=table,pen,rajioなど
 ・多くの英語はすでにカタカナで日本語として使われている

■700語だけで話す3つの手順
 ・①大人の日本語→②子どもの日本語→③子どもの英語
 ・この3つの順番で置き換えれば、子どもの英語で話せる 

6つの発音を直すだけで英語は通じる

■日本人が間違えている6つの発音
 ・語頭や語中のR
 ・語尾のL
 ・語頭や語中のV
 ・語頭のTh
 ・語頭のWh
 ・語頭や語中のF

■Rの発音
 ・発音「ルア、ルイ、ルウ、ルレ、ルオ」(ルは全て小文字表記)
 ・rice:ルアイス

■Lの発音
 ・発音「オー(ヨー)」
 ・global:グローボー

■Vの発音
 ・発音「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ」
 ・vegetable:ヴェジタボー

■Thの発音
 ・発音「ダ、ディ、タ、デ、ド」
 ・that:ダット

■Whの発音
 ・発音「ゥワ、ゥイ、フ、ゥエ、ゥオ」
 ・what:ゥワット

■Fの発音
 ・発音「fァ、fィ、fゥ、fェ、fォ」
 ・fitness:fィtットネス

たった1つでもいい文法

■SVO+オマケ
 ・S:主語、V:動詞、O:目的語
 ・【誰が(S)→どうする(V)→何を(O)】の語順に単語を並べる
 ・並べて話せば90%くらいは会話が成立する

■前置詞は迷ったらinを使う
 ・前置詞は間違っても意味は通じる
 ・あまりに合わないなら相手が訂正してくれる

■疑問文は語尾を上げる
 ・疑問文は語尾を上げれば通じる
 ・You konw?(↑)で「知っている?」と通じる

■過去形がわからないならdidをつける
 ・eat:食べるの過去形が思い出せない
 ・I did eat an appleで「リンゴを食べた」と通じる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く