アイデアを考えるヒント

12257viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイデアのヒント

アイデアを考えるヒント

ほとんどの問題は学校の試験問題とは違う。たくさんの答えがあるのが普通なのだ。たくさん答えがあることが分かっているとき、そのうちの一つや二つ見つけるのは簡単なことだ。

アイデアを生み出したいときは、自分に問いかけてほしい。「もし私が6歳だったが、どうやってこの問題を解決するだろう?」。ときには会社の廊下を全力疾走してみよう。デスクでソフトクリームを食べてみよう。常識なんて気にしない。論理なんて考えない。バカになろう。自由になろう。子供に戻ろう。

型にはまった生活から抜け出そう:毎日同じ道を通って通勤するあなたに、豊かな経験をすることができるだろうか?彼は毎日、それまで見たことなかったものを見た。あなたは前の日と同じものを毎日見ている。彼は常に新しいもの見ていた。あなたは常に同じ、変わり映えのしないもの見ている。さあ、明日は違う道を通って会社に行こう。明後日はまた別の道で。その次の日も。ずっと新しい道を歩こう。

アイデアには物事を変える力がある。アイデアが独創性に溢れていればいるほど、もたらさられる変化は過激だ。素晴らしいアイデアの登場によって人生感が根底からくつがえされたり、仕事がなくなったり、自分の将来が大きく変わってしまうこともありえる。それを考えれば、アイデアへの風当たりが強いのも当然なのだ。アイデアが浮かんだら、恐怖と戦って、そのアイデアを口に出そう。単にライバルを怖がらせたいという理由からでもいいではないか。

却下されるのはよりよいアイデアへたどり着くためのチャンス。却下されれば少なくともどういうアイデアが駄目なのかということはわかる。駄目なアイデアがわかれば、いいアイデアを生む助けになるはずだ。

自分を制限する物と苦闘するところから想像という行為は生まれる。自由が多すぎると混乱するばかりなのだ。ある枠組みの中で書くことを強いられると、想像力はできる限り知恵を絞ることになり、そこから非常に豊かな発想が生まれる。

エドワード・ジェンナーは「どうして人間は天然痘にかかるのか」という問題を「どうして乳しぼりの女性たちは天然痘にかからないのか」という問題に変えただけで、天然痘のワクチンを発見した。科学の革命をもたらした人々の偉大さは、正しい答えを発見したことよりも正しい質問を投げかけたことにある。それまで誰もが気づかなかった観点から問題を見たことと、「どうすれば」の代わりに「なぜ」と問いかけたことが偉大なのだ。どんな質問を投げかけるか、問題をどう定義するかには充分注意を払おう。もし問題が解けなかったり、答えがどうも平凡に思えたなら、問題は違う形でとらえなおし、それから解いてみよう。

アイデアを持っているが、そのアイデアを使って何もしないのと全くアイデアを持っていないのは同じことである。生まれたアイデアで何もする気がないのなら、初めからアイデアなんて考えないことだ。

船を燃やせ:「退却はない。勝つか負けるか」。資金が足りない?じゃあ借りればいい。これでも資金がなくてという言い訳には頼れない。時間がない?じゃあ、その船も燃やしてしまおう。毎朝1、2時間早く起きてアイデアのための時間にあてればいい。知識が足りない?じゃあ、勉強すればいい。船を燃やそう。

何より肝心なのは根気だ。才能じゃない(才能があって成功しない人はうようよいる)。金じゃない(金持ちに生まれて、貧しさの中で死ぬ人はたくさんいる)。天才じゃない(天才が報われないのは、ほとんど常識だ)。教育じゃない(世の中には学のある落伍者が溢れている)。運じゃない(運命の気まぐれは何人もの王の命を奪ってきた)。根気と決意だけが全ての道を拓く。「たいていの場合、人は失敗はしない。挑戦をあきらめてしまうだけだ」

アイデア名言

彼女は転倒し、髪の毛を骨折しました

感想

アイデアの出し方がたくさん詰まった本!毎日違う帰り道で帰ろうと素直に思えるくらい面白い本です! もっとアイデアが出せるようになろう!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く