丸投げ社長に学ぶ社長のルール

2654viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンサルタントは教えてくれない社長のルール

社長のルール

・社員に大胆に任せ、全員が経営に参加する「システム経営」をすること
・新規事業を立ち上げながら、変化に対応しやすい「グループ経営」をすること。
・自由な時間の行動が、思わぬ機会をつくる
・根気強く、幹部中心の経営に移行していく
・部下が自分と同じことを口にするまで、価値観を浸透させる第1章
・現場に近い幹部のほうが、きめ細かい経営計画を作成できる
・あなたはまだ、ワンランク下の仕事をし続けるのか?
・「仕事がデキる人は、遊びもデキる人」とよく言われるが、気分転換が上手
・楽しくて幸せな雰囲気を出そう
・底抜けに明るい人を採用してみる
・物事は全てうまくいくようになっている
・中小企業は少なくても3 つの事業会社を経営することを目標
・1つの強いコアビジネスが出来たら、それに付随して周辺多角化を行い、1箇所で多様なニーズに応えるワンストップのビジネスモデル
・強味を磨くこと、強味を活用して今の顧客に新しい側値を提案していく
・あなたの顧客に付加すると喜んでもらえる商品・サービスを考える
・海外の情報、国内他地域の情報に敏感になる
・アイデア= 問題意識×情報
・上を見てははげめ、下を見て暮らせ
・事業は小さく生んで、いけると思ってから大きく投資する

感想

北海道で不動産の仕事をしている山地社長の本。いつかお会いしたい方。丸投げの本は名書!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く