「1冊10分」で読める速読術の章別まとめ

3507viewskatsuhilokatsuhilo

このエントリーをはてなブックマークに追加
「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)

概要

情報力・判断力・先見力・人間力が求められる時代情報過多の時代に情報に埋もれないように・・・速く、深く、大量に読むための読書の技術が必要だ

第一章:〜1冊10分の速読術

1新しい知識を素早く飲み込む能力
2鋭い質問をする能力
3異なる分野の知識を関連づけて理解する能力
4文章を一目で理解できる能力
5極度の集中力
6場面を写真のように思い浮かべられる能力
速度によって行動や人間性を変えることが可能であり
上記の能力を身につけることも十分に可能である

第二章:〜本一冊が頭に入る

すべての文字を正確に視覚に入れつつ読み進める
ステップ1:2000字/分をマスターする
ステップ2:情報読みをマスターする
ステップ3:速読眼、速度脳を開発する
■速度向上
 練習1音声化せずに漢字だけ見て次の漢字に進む
 練習2文字を音声化せずに最後まで追い続ける
■正確向上
 練習1見開き2ページ行末に来た時に次の行頭をとらえる
 練習2行頭と行末だけを見ていく
■検索よみ
 何が知りたいのかを具体的に持つこと
 結果を得たらすぐに検索作業を終える
■スキャニング
 目をページの真ん中に固定して滑らせてキーワードを探す
■スキニング
 把握したいポイントを明確にしておく
 小説を読みながらなら5W1Hを意識する
 随筆は作者が感動したことを意識する
 論説はタイトル、プロフィール、テーマ、1・2段目
 論文はアブストラクト、諸論と結論
 説明は検索読みやスキャニングを使う
 新聞:見出し読み→前文読み→本文
 雑誌:目次→写真+前文、図やグラフなど
 書類:タイトル+発信者、箇条書き部分など
 まずは認識できる情報量を増やしてから情報読みを身に着ける
3つのポイントを意識して実践する
・決して焦らない
・1行を1秒で読む
・音声化しない
瞬間的に理解できる文字の量を増やしていけばいい

第三章:〜頭にしっかり残す記憶術

■記銘→保持→想起で記憶は成り立つ
・記銘するときに、興味を持ち、観察し、関連づける
・保持するために、繰り返し、思い出す
・想起するときに、落ち着いて、深く集中し5W1Hを自問する
同じ分野の本をいくつか並行して読む
読んだ本の内容を人に説明する
左脳で言葉を理解し、右脳でイメージする
■記憶の反復方法
・自問自答する
・繰り返し読むことを日課にする
・読んだ内容を人に説明する
■知識を情報に
・体験と照らし合わせて妥当か
・既知の内容と矛盾がないか
・因果関係に誤りはないか
・時間の流れから見て順当か
・より大きな範囲での位置づけが分かるか
・自分の思想と照らして納得できるか

第四章:〜読書生活の方法

■読解力をのばす7つのポイント
・語彙力をのばす→多読を実践する
・経験値を積む→チャレンジする
・論理力を高める→言葉の定義を理解する
・想像力を高める→小説などで場面をイメージする
・記憶力を高める→文学を読みワーキングメモリを増やす
・統合力をのばす→場の空気を読み、感情をコントロールする
ゆっくり読みながら場面を思い浮かべる練習をする
椅子にゆったりと座って深呼吸をしてから読もう・・・

感想

速読の本の中ではかなり分かりやすい内容。
どうしても慣れないうちは音声化してしまう。
限られた時間で知りうるべきことを知るにはもっと訓練が必要になる。
読書対象がなんであれリラックスして自然体で読むことを心がける、

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く