渋沢栄一の名言!「現代語訳 論語と算盤」の章別まとめ

2707viewskatsuhilokatsuhilo

このエントリーをはてなブックマークに追加
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

概要

「一時の成功や失敗とは泡のようなもの・・・そう、人として成すべき事を果たした結果残る滓のようなもの物事の本質を考えて果たすべきことを果たしていくことで道が開ける」

渋沢栄一

日本資本主義の父であり近代日本の設計者の一人
資本主義の原動力である欲望をコントロールするために
一人一人の精神修養の教本としての役割を論語に求めた

第一章:処世と信条

士魂商才・・・武士の魂と商人の才覚とをあわせ持つこと
人間が勤めるべき尊い仕事は至る所にある
進歩のためには争いが必要なこともある
後輩の指導には二種類ある、親切か残酷か、どちらも必要
忠恕・・・良心的で思いやりのある姿勢
修身・・・自分を磨くということにつきる、箸の扱いひとつでも違う

第二章:立志と学問

およそどんな些細な仕事でも大きな仕事の一部である
小さなことは分別せよ、大きなことには驚くな
自分の長所を比較考察し、もっとも得意とするところに志をたてよ
大きな志を定めて、その枝葉となる小さな志を考える

第三章:常識と習慣

悪人が最後まで悪人とはかぎらない
悪習を断ち切れないのは決心が足りていないだけだ
真似は良いことである
正しい事を選ぶには常識と意志の鍛錬が必要だ

第四章:仁義と富貴

正しい手順を踏んで得た利益は何の問題もない
ひとはただ一人では何も出来ない存在だ
自分が手に入れたいとおもったらまず人に与える
些細なものでも粗末にしない

第五章:理想と迷信

決めごとが多すぎると停滞する
物事の本質を考えることなく機械的に処理してしまう
制度が不十分だと文明が野蛮へと戻っていく
文明とは力強さと経済的豊かさを兼ね備えていなければならない

第六章:人格と修養

人は棺を覆うて後、論定まる
社会のために尽くそうとした精神と効果によって評価される
不自由なのが当たり前だと思っていれば、足りない事はない
格物致知・・・モノの本質を掴んで理解する事
致良知・・・心の素の正しさを発揮する事
忠信孝悌・・・良心的で信頼を重んじ目上を敬う
仁・・・物事をすこやかに育むための礼節ある姿勢

第七章:算盤と権利

聖書;自分がしてほしいことを人にしなさい
論語:自分がしてほしくないことを人にしない
法は必要だが道徳の中で解決することも考える
人を妨害する事は自己を妨害するのと同義である

第八章:実業と士道

武士道・・・正義/廉直/義侠/敢為/礼儀
商工業にも武士道、商業道徳が必須である
有無相通・・・あるものとないものをお互いに融通しあう
私心が強いと人から欲しいものを奪い取らないと満足できなくなってしまう
道徳と経済活動は相反するというのは誤った教えだ

第九章:教育と情誼

強制すれば親不孝のこどもを生み出す可能性がある
名前を売るために学問をするのではない
学問をすれば皆偉くなれるというのは幻想だ
自分の道を早くから見極めて専門性を高めたほうがよい

第十章:成敗と運命

運命とは人の意識するしないに関わらずただ降り注ぐ
人が人であるのは腹の中に知識が詰まっているからだ
細心の注意と大胆さの両方を兼ね備えないと大きな仕事はできない
成功など人が為すべき事を為したあとの滓である

感想

「言行は君子にとってもっとも重要な要素であり、
これによって栄誉を得るか恥辱を被るか決まる」

「言葉で多くは言わない。しかし言ったことは
徹底的に努力すべきである。」

「声はどんなに小さくても聞こえてしまう。
行いもどんなに隠してもやがて明らかになる。」

易しい言葉で渋沢翁の言行、思想について紹介されている。
志を立てて日々を少しづつでも近づるように・・・

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く