レバレッジ・リーディングのアップデート読書術!

3554views檸檬檸檬

このエントリーをはてなブックマークに追加
リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術

レバレッジリーディング+クラウド。先人が試行錯誤し編み出した凄い知恵を、人は数分で手に入れられる。というレバレッジリーディングに加え、Evernote、iBooks、Twitterなどの利点を加える。

この本はレバレッジリーディングの基本を抑えた上で
クラウドを使って今の時代の読書にアップデートする本。

レバレッジリーディングを読んでからのほうがいい。
そうでなければ、ほとんどの効果は得られないと思う。
あくまでの"読書のコツ"はレバレッジリーディングに書いてある。

レバレッジリーディングの基本

本を重要な部分だけ抜き出すようにして何冊も読み、それをメモし、毎日持ち歩き何度も読むことで自分のものにする。
本を読むことで、他の人が何十年もかけて編み出したノウハウを手に入れられる。

●飛ばし読み、重要なところに線を引いたり、ページの端を折ったりしながら、重要なところだけを抽出するかのように読む。(著者は大体1時間くらいで読む)(著者は少なくとも毎日1冊は読む)

●重要なところをまとめてパソコンに打ち込む

●印刷する

●毎日肌身離さず持ち歩き、何度も何度も読む

●実践して自分のものにする

詳しくは↓参照
http://bukupe.com/summary/4161

読書の仕方のアップデート

●紙の本だけでなく、スマホの電子書籍も利用する
→iBooks, AmazonKindle等
・どこでも、立ちながらでも読める。スペースをとらない。スキマ時間に読書しやすくなる
・その時、ハイライトしたり、ノートしたり、ブックマークする機能がついていて便利
・キンドルのポピュラーハイライトが凄い。そこに何人線を引いたかわかる
・ブクログにも似たような機能がついてる
http://booklog.jp/item/1/4492042695

●電子書籍に向く本
サクサク読める、ひたすら読み進める、レファレンス系、外部情報にアクセスする系
●電子書籍に向かない本
じっくり読む本、考えながら書き込みたくなる本、細かい図表が多い本

●オーディオブックもいい
http://www.febe.jp/
・倍速で多聴しよう
・歩きながらでも何かしながらでも本を読める

●一流の公演・講義を無料で視聴するTED, iTunesU
http://www.ted.com/
・サイトの言語設定で日本語字幕がつくものもある
・最長で15分と短い
・気に入った動画を保存してまた見る

読書後のアウトプットのアップデート

●レバレッジメモはもちろんEvernoteへ
・検索しやすい。クライドだからどこでも見れる。
・個人的には、これを従来通り印刷して肌身離さず持ち歩いたほうがいいと思う。紙で持ち歩かずにその知識を自分のものにするのは難しい。電子の文字だとついつい忘れがちだ。

●ソーシャルに本から得たものをアウトプットする
Twitter,Facebookに書くものいいし
メーリスに流すのもいい
個人的にはブクペやブクログなどにまとめるのもいい

インプットだけでは人は忘れる
アウトプットして覚える
そして、実践してその知恵が初めて自分のモノとして身につく
実践しなければ結局、なにも意味がない

感想


大事な事はほとんどレバレッジ・リーディングに書いてあります。
http://bukupe.com/summary/4161

その上でノマドリテラシーの無い人が読む用かな。

クラウドに慣れている人には内容は薄く、スラスラ読み飛ばせる。
結局ホントこのまとめくらいの情報になります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く