レバレッジ英語勉強法のインプットとアウトプットの方法

4943viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバレッジ英語勉強法 (中経の文庫)

概要

低コスト・低ハードルで英語を実践で使えるようになる考え方を身につけるための1冊

英語ができないと生まれる6つの格差

①情報格差
 ・世界レベルで考えれば、英語の情報が多い
②収入格差
 ・英語ができないと役職が上がらない
③時間格差
 ・英語の最新情報は翻訳されるまで待たないといけない
④人脈格差
 ・英語ができれば世界中が人脈になる
⑤楽しみ格差
 ・海外へ行ったときに英語ができないと選択肢が狭くなる
⑥思考格差
 ・日本人だけとしか付き合わないよりも、文化・考え方を学べる

よくある間違え

×完璧に話さないといけない
 ・前置詞が間違えようが、意味が通じれば○
 ・ネイティブだって文法を間違えることがある

×インプット重視
 ・ひたすら英語を聞いたり、教材を買ったりしてもできない
 ・アウトウップなしの勉強は含み資産にすぎない
 ・話す・使うという行為で顕在化して、資産になる

レバレッジ英語術

■偏った英語をマスターする
 ・膨大な広い範囲で学ぶから無駄が多く、挫折してしまう
 ・狭い範囲なら大人でも短期間でマスターできる
 ・ITならIT業界同士の共通言語があるので、わからなくても推測できる

レバレッジ英語術 インプット

■偏った英単語100個覚える
 ・25語覚えれば、英語の3分の1はわかると複数の研究で明らかにされている
 ・同じ100個でも狭い範囲で覚えれば、レベルアップも速い

■最小限の使いまわし単語「get」と「have」を押さえる
 ・getとhaveを覚えるだけで、実践でかなり使える

■クラウド・コンピューティングでレバレッジ単語帳を作る
 ・調べた単語はブックマークしておき、辞書として使う
 ・自分だけの偏った辞書ができあがる

レバレッジ英語術 アウトプット

■偏った英語スクールの通い方
 ・常に同じ講師を指名する
 ・マンツーマンのコースを選ぶ
 ・一般的なテキストを使わず、自分で偏った授業を作る

■Skypeを使って格安大量アウトプット
 ・Skypeなら通話料を気にせず、世界中と無料で何時間でも話せる

■Lang-8で英語発信力を高める
 ・Lang-8は学んでいる言葉を書き込むと、ネイティブが添削してくれるSNS
 ・Lag-8に書き込みをして、発信力を高める(反対に自分は日本語を添削してあげる)
 ・添削された文章をツイッターやfacebookに書き込んでみる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く