70円で飛行機に乗る方法!超格安で旅行ができるLCCの仕組みやメリット・デメリットなど

5415viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる  (宝島社新書)

概要

LCC(ローコストキャリア)という格安航空機ビジネスに関してまとめた1冊

航空運賃はかなり下がっている

■海外では国内の10分の1以下
 ・東京~韓国(仁川)に国内エアラインの正規の値段なら片道3万円以上
 ・旅行代理店で入手できる格安航空券でも1万6000円
 ・東京~ソウル1400kmと同じ距離であるバンコク~シンガポールは約1600円

■もっと安い価格もある
 ・シンガポール~プーケット約70円
 ・シンガポール~ホーチミン約240円
 ・なかには客寄せで0円というチケットもある

■欧米でも格安の波が進んでいる
 ・サンフランシスコ~ニューヨーク1万4000円
 ・ロンドン~ローマ2400円

サウスウエスト航空から見たLCCの仕組み

■徹底したコストダウン戦略
 ・機内サービスをなくす
 ・空港に到着後10分間、次の出航する(効率アップ)
 ・航空機は統一(メンテナンスも容易でパイロットや整備士が学ぶスキルも少ない)
 ・小さめの空港を選択(空港使用料が少なくて済む)
 ・利用者へ直接チケットを販売(代理店のマージンをなくした)

LCCのメリット・デメリット

■メリット
 ・運賃が激安
 ・航空機は通常
 ・機上の過ごし方がカスタマイズできる
 ・どこでも予約ができる(Webサイトから)

■デメリット
 ・燃油サーチャージは別途
 ・座席が窮屈
 ・機内サービスが有料
 ・自分で手続きをする
 ・キャンセルできない
 ・遅延&欠航が多い
 ・地方空港を利用する確率が高い
 ・機材が古い

これからの旅

■ハブ&スポーク型
 ・これまでは、東京~香港~シンガポール~インド~ロンドンと複数の通過点でゴール(ロンドン)へ
 ・これからはハブとなる空港へ行き、そこを基点にいろんな場所へ格安で移動できる
 ・ゴールを1つに絞らずたくさんの拠点へ飛び回って、楽しむことができる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く