価格を下げるな、「価値」を上げろ。100円のコーラを1000円で売る方法が伝えたかった10のこと

5401viewsProduce_TProduce_T

このエントリーをはてなブックマークに追加
100円のコーラを1000円で売る方法

Round 1

アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したのか?
――事業の定義

Round 2

「お客さんの言いなりの商品」は売れない?
――顧客絶対主義の落とし穴

Round 3

顧客の要望に100%応えても0点
――顧客満足のメカニズム

Round 4

値引きの作法
――マーケットチャレンジャーとマーケットリーダーの戦略

Round 5

キシリトールガムがヒットした理由
――バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略

Round 6

スキンケア商品を売り込まないエステサロン
――競争優位に立つためのポジショニング

Round 7

商品を自社で売る必要はない
――チャンネル戦略とWin-Winの実現

Round 8

100円のコーラを1000円で売る方法
――値引きの怖さとバリューセリング

Round 9

なぜ省エネルックは失敗してクールビズは成功したのか
――コミュニケーションの戦略的一貫性

Round 10

新商品は必ず売れない?
――イノベーター理論とキャズム理論

感想

本書は商品企画部を舞台にしたフィクションではあるが、セールスの現場にも通ずるヒントが随所に散りばめられている。自身の勤める会社・営業所は小規模・少数精鋭なので何でも自分ひとりでこなさなければならないので、商品企画も自分で立てねばならない。また現在の日本経済が抱える、限度のない価格競争の消耗戦に陥ってはいけない。同じ商品・サービスでも如何に付加価値をつけ、顧客の満足を勝ち取るべきか。そんな境遇の人には、本書はバイブルとなると思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く