人生の後半をより豊かに生きるためには、自分自身の計画書を設計することが大切である。

254736viewsktmaniaktmania

このエントリーをはてなブックマークに追加
40代からのスターティングノート―あなたはもう、自分の人生シナリオを描きましたか?

<企画の狙い>
 定年後の暮らしに重要なのは、「それまでの人生を振り返ることより、これからの人生をどう生きるかを考えること」ということ。そして、その気づきを少しでも早く得られたほうが、豊かなセカンドライフを送れるはずだということである。本書は、そうした気づきをえてもらうことを最大のポイントとした。
 そのため、あえてハウツー書としてまとめることを避け、あえてほぼ全面小説、しかもSFもどきの中高年世代の「青春小説」風にまとめた。
 本書の読者に「自らのスターティングノートを描く」ことを思い立たせるとともに、「オヤジたちの青春ドラマ」としての味付けを加える試みとした。
 カバーイラストを青春ストーリーの名手、柴門ふみさんにお願いしたのもそのような思いからである。

<企画の背景>
 会社や組織にドップリと両足を着けているサラリーマンは「会社での仕事=自分の人生」という大きな誤解、錯覚に陥っていることが多い。
 このような人たちに限って、「定年後は公的年金と企業年金で何とか暮らしていける」とたかをくくっているが、いざ定年が近づくと、「自分らしい人生の送り方探し」に戸惑うに違いない。
 本書は、給与の変化と、必要経費、年金などの定年後の収入計画などの「経済面の棚卸し」と、定年後何をやりたいか、自分は何ができるか、健康状態はどうか、家族の協力はどの程度必要か、自分をサポートしてくれる友人はどのくらいいるか、などの「志の棚卸し」をするために必要な「気づき」を提供するものである。そのような「気づき」さまざまな生き方、暮らし方の選択肢を見せることにより、新たな第一歩を始められるようになるはずである。
 これが、自分の人生シナリオを自ら描く「スターティングノート」となる。

<あらすじ>
 50歳の平均的サラリーマン、安倍玲二は中堅電機メーカーの営業課長。「まあほどほどに……」が口癖で、大きな野望も、夢も持っていない。「あべれいじ」という名前から、友人たちからは「へいきん=平均」というあだ名で呼ばれているが、安倍の人生も誠に平均的なものである。
 ある日、仕事帰りに寄った行きつけのバーで見知らぬ老紳士と出会う。彼は、「14年後の安倍玲二」と名乗り、不思議なタブレット型のディバイスを渡した。安倍はそのディバイスを介して、「14年後の安倍」から「F」で始まる7つの課題を与えられる。――この7つの「F」は、これからの人生シナリオを描くために不可欠なもの。
 安倍は言われるままに、この課題と取り組むことになる。そして安倍の高校時代が脱サラして始めるペンションの試泊会に集まった4人の旧友と、今後の人生について大いに語り合う。ところが翌日、とんでもないことが起きる……。

感想

人生設計に必要な「7つのF」
・Finale=人生の目標、仮のゴール
・Family=配偶者、家族、両親
・Field=活動の場、何がしたいか?
・Faculty=能力、技術、何ができるか?
・Finance=財産、お金、生活必要資金
・Friends=友人、知人、誰が本当の友達か?
・Fight=元気、やる気、心と体の健康

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


韓国カジノVIPコンプDCT韓国カジノVIPコンプDCT
≪韓国カジノへご招待♪≫
カジノへ遊びにお越し頂ける方へ、航空券・ホテル・食事など
無料でご提供するVIPサービスをご案内しております。
日本の方へのご案内開始につき、どこよりも良い条件でご案内しております。
沢山のお客様にご満足頂いてるVIPプログラムご利用くださいませ!

今おすすめは済州島カジノ!
都会のソウルや釜山とは違ったリゾート感満載の済州島カジノが人気です。
観光・食事などカジノ以外もおすすめです。

毎月バカラ大会や抽選会も開催中です★
カジノに興味ある方、ぜひご連絡くださいませ!!

韓国カジノVIPコンプ㈱Dream City Tour(旧CNS)
日本マーケティング担当 綾瀬 電話:080-3219-9008/LINE ID:cnsjp1
http://cnsjp1.blogspot.com

コメントを書く