世界の下半身経済が儲かる理由。日本、世界の風俗産業

32779viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ

概要

世界経済の風俗産業にまつわる話をまとめた1冊

風俗産業がなくならない理由

■男性が風俗をやめない理由
 ・クーリッジ効果:男性は同じ女性といると興味がなくなり、別の女性に関心がいく
 ・生物学的に一人の女性よりもたくさんの女性を愛して次世代を残したい

■宗教的なものでは抑えられない
 ・道徳的な教えがあっても売春がない土地は世界にはない

■開発途上国では外貨獲得の手段
 ・開発途上国では外貨獲得のため、観光産業に力をいれる
 ・観光の呼び水として、風俗産業を発展させるのが手っ取り早い
 ・経済が潤ってくると、需要が減っていく(国内の需要がなくなりはしないが)

日本の風俗産業

■コンドームの品質は世界一
 ・欧米では避妊はピルが主流で、コンドームは性感染症予防
 ・日本ではコンドームが主流のため、使用感が重要な要素
 ・日本では実用性重視で丈夫で薄いものが開発されるようになった

■島根県の経済規模に匹敵するデリヘル市場
 ・合法・非合法を合わせてデリヘル市場は2.4兆円(2005年)
 ・島根県の経済規模2兆4285億円(2003年度)に匹敵する

■日本にはロリコン男性は1割はいる
 ・周りに児童ポルノを持っている人がいる:10.9%
 ・児童ポルノを見たことある:15%
 ・これらの結果から日本にはロリコン男性が1割はいると推測される

■海外に出るセックスワーカー
 ・多額の借金をかかえた女性が海外に売春婦として送られるケースがある
 ・送り先はダントツに韓国が多く、韓国マフィアと日本の暴力団がつるんでいるよう
 ・送られた女性は意外にもVIP待遇で迎えられ、韓国を堪能している人もいる
 ・東南アジアだと、ジャパンプレミアムがつき1回でその国1か月分の生活費を稼げる

世界の風俗

■セックス税が導入されたドイツ
 ・2002年からドイツでは売春が合法化された(アンダーグランド化を防ぐため)
 ・合法化されたため売春婦たちは社会保障や労働組合への参加ができるようになった
 ・売春婦たちから一定額を徴収するセックス税も導入された

■売春をGDPに算入したギリシャ
 ・ギリシャは売春や密輸などの「ブラックエコノミー」をGDPに含めると発表した
 ・これは世界でも類を見ない珍しいレアケース
 ・ブラックエコノミーによって、GDPが年間400~600億ユーロ押しあがった

■かつてインド木で行なわれた植物の結婚「木婚」
 ・人類史上最もユニークな結婚はかつてのインドであった「木婚」
 ・その字のごとく、人間が樹木と結婚をする制度
 ・カーストの最上位であるブラーマンの間では兄より先に弟が結婚できなかった
 ・弟に結婚をさせたい未婚の兄が、形式上樹木と結婚することで弟に気遣っていた

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く