短時間でそこそこ稼ぐ方法

4157viewschibanbachibanba

このエントリーをはてなブックマークに追加
「週4時間」だけ働く。

【この本に求めるもの】

短時間でそこそこ稼ぐ方法

【感動した言葉・考え方・テクニック】

専門家とはきわめて限定された分野において、
あらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。

「怠惰」とは、理想とほど遠い現状に耐え、成り行きや
他人に自分の人生を決めさせること

忙しくなろうとするのではなく、生産性を高めることに
フォーカスしよう

誰かそれをやった人を見つけ、同じようにやるには
どうすればいいかアドバイスを受けること

有用性を無視して効率性を求めるな

1、どうでもいいことをうまくやっても、それが重要に
なるわけではない
2、多くの時間を必要としても、その仕事が重要に
なるわけではない

何の20%が、自分が望んでいる結果や幸せをもたらすか?

顧客が多ければ収益が自動的に増えるというものではない。
それは雑用を増やすだけであり、収益の伸びは微々たるもんだ。

多忙とは怠惰の一形態である

自分は生産性が高いと思いこんでいて、時間を費やしている
活動の上位3つは何か?

あなたを楽しませ、前進させる原因の80%を作る人のうち
20%は誰か?

100万ドルを稼ぐには100万通りの方法がある

競合する再販業者がたくさんいればいるほど
商品は早く死に絶えてしまう

商品を決める前に、その商品をどうやって売るか
どうやって流通させるかを決めろ

需要を創りだすのは難しい。であれば、
需要を満たす方がずっと簡単だ。

高価格にすることで手間のかからない顧客を引き付け、
利ザヤも大きく、ドリームラインを早く実現できる。

私なら8倍~10倍の利幅を目標にする
100ドルの商品なら原価は10~12ドル以下

オンラインFAQで完璧に説明する

「専門家になる」とは、「最小顧客基盤」を持ち、
良い商品を生み出し、返品を防ぐことなのだ。

人に買うかどうかを尋ねてもダメだ、買うように頼む

ミニテストとは、商品を製造する前に、あまり費用を掛けずに
広告を打ち、消費者の反応をみるテストのことである。

2枚買えば1枚タダのニーズがどれぐらいあるか知りたかった

私たちニューリッチの目標はできるだけ大きな会社を作る
ことではなくて、できるだけ手間のかからないビジネスを
作りあげることである。

1週間に10件の注文を処理するのと同じ要領で、
1週間に1万県の注文を処理できるビジネスモデルを作ること

「決断させない術」とは、顧客がしなければならない、あるいは
することができる意思決定の数を最小にすることを言っている。

購入オプションはひとつか2つにする
たとえば、「ベーシック」と「プレミアム」

ゆっくりすることを学ぼう

利益増大のマニフェスト
1.ニッチを狙え
2.あらゆるものを測定せよ
3.製品の前にマーケティングと価格を
4.Less is more. 流通経路を限定しろ
5.多動性 vs 生産性 パレートの法則
 1週間に1回はクールダウンした午後の時間を作って
 自分の労力が利益率の高い分野に投入されているか
 どうか確かめるために試算をしてみよう

 数は少ないが強みのある分野をいくつも「複製」
 できるようにお金を掛けよう

6.わがままだけど、利益も出ている顧客はメモを送って
 「クビ」にしよう

【この本から実践できること】

twitterのリストを見直す

オンラインのビジネスを考える

0からのプログラミング講座のオンラインFAQを作る

商品を開発する時にtwitter、google adwardsで事前に告知してみる

2人で行ったら1人タダを実行する

グーグル ウェブサイト オプティマイザーを使ってみる

ニッチを狙って事前にマーケティングする

できるだけ測定する

製品をシンプルにする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く