0.1秒で本音がわかる心理術。しぐさ・言葉・行動で見抜くコツ

9848viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
0.1秒で本音がわかる心理術―外見・しぐさ・言葉づかいから人を見抜く技術 (日文新書)

概要

一瞬で相手の心をつかむ心理学的なテクニック集

しぐさ・言葉・行動で見抜く

■口元を隠す=小心者
 ・口元を隠す人は小心者が多い
 ・ウソをつく人も口元を隠したがる

■鼻をやたらと触る=ウソをついている
 ・ウソをつくと鼻の奥がむずがゆくなる
 ・商談中に鼻を触るようなら、疑ってみる

■人をケチ呼ばわりする=自分がケチ
 ・ケチに限らず、投影といって自分に似た人ほど嫌悪する
 ・女性好きを嫌う人ほど女性好き

■相談を持ちかける=愚痴をこぼしたい
 ・相談を持ちかける人は解決したいのではなく、愚痴を言いたい
 ・もしくは自分を肯定してほしいだけなので、話を聞くだけでいい

■俺を信じられないのか=信用しない
 ・自信がない人ほど「俺を信じられないのか!」と口にする
 ・詐欺師もよく使う脅しの一種である

■悪口を言わない=善人ではない
 ・悪口を言わない人はためているだけ
 ・いつか爆発するので、善人だと思っているとあとでしっぺ返しがくる

女心を見抜く

■このサインは脈アリ
 ・数センチでも身体を寄せてくる(嫌いな人は近づきたくない)
 ・視線がやたらと合う(嫌いな人は視線を外される)
 ・小さなことで悩み事を打ち明けてくれる

■このサインは撤退の合図
 ・声に抑揚がない
 ・メールの返信が異常に遅い
 ・いい人ね優しい人ねと言われる
 ・会話中まばたきが多い
 ・デート中に頻繁に時計を見る

交渉時に見抜く

■体型でわかる本音
 ・痩せ型:神経質
 ・肥満型:おっとり
 ・筋肉型:自己中心的

■イスの座り方で見抜く
 ・両脚を大きく広げる⇒自信家
 ・浅く座る⇒自信がない
 ・両脚を閉じて座る⇒警戒心が強い
 ・脚を組んで座る⇒自己主張が強い
 ・ふんぞり返って座る⇒権威主義(カラ威張り)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く