2年連続で日本一社員満足度が高い会社に認定されたECスタジオの取り組み

2914viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

本書の概要

2年連続で日本一社員満足度が高い会社に認定されたECスタジオの取り組みを紹介する1冊

社員第一主義

■顧客に会わない・電話を受けない
 ・全国の中小企業はIT投資を安くすませたいというニーズがあった
 ・高い品質で安いサービスを提供するために「顧客に会わない」「電話を受けない」
 ・顧客に会わないので、全国を回る営業マンがいらない(HPのみで営業)
 ・サポートコストを抑えるために、メールサポートのみ
 ・「全国に提供」「電話がなく集中できる」「急激な注文でも対応」というメリットも生まれた

■しないことを決める
 ・会社としてすること決めることは大事
 ・ECスタジオでは、「するべきでない」ことも決めている
 ・しないことを決めると社員にプラスがある

■お客様は神様ではない
 ・お客様は神様ではなく人間で逸脱した要求をする人もいる
 ・要望には最大限応えるが、理不尽な要求には社員優先
 ・明確な意思があると、社員も疲弊しないで済む
 ・お客様にもご協力してもらうことで、ハイクオリティローコストを実現している

■給料は高く、勤務時間は短く
 ・アルバイトでも固定給+時給(売上が上がれば時給も上がる)
 ・決められた時間で与えられた仕事を終わらせず、与えられた仕事をいかに早く終わらせるか
 ・余った時間は会社の付加価値を高める仕事に取り組んでもらう

■決して怒らない
 ・怒られてやる気が出るなんてのはウソ
 ・怒るよりも怒らないことによるメリットが大きい

社員の満足度が上がる非常識な制度

■ノートーク制度
 ・早朝に仕事をすると仕事がはかどるのは、誰からも話しかけられないから
 ・早朝と同じ効果を生むため、定められた時間は緊急時以外話をかけてはない

■アイフォーン支給制度
 ・内勤、アルバイトも含め全員にアイフォーンを支給
 ・動画による情報共有、社員教育に使える
 ・最新機器を持つことで、社員の満足度も上がる
 ・以前はipodを使っていたが忘れる社員もいた、だが携帯なら忘れず紛失も少ない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く