官報複合体の要点・感想

2524viewsmako_mako_

このエントリーをはてなブックマークに追加
官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

<要点>

・日本の報道機関は、記者クラブの設置に象徴されるように、権力側が流すプレスリリースを早く伝えることに力点が置かれており、その意味では官僚機構と報道機関が実質的な連合体を形成しているといえる。

・アメリカでは伝統的に報道機関は権力側の情報をチェックして隠していることを探し出すというスタンスである。速報よりも時間を掛けて調査・検証した記事に重きを置く。

・アメリカでプレスリリースをただそのまま報道するのではなく、記事の主人公となる対象を相手に取材・検証を行い、対象の目線から記事を作ることを学んだ。

<感想>

報道関係者でなくても、現在の日本のマスコミのあり方について考えさせてくれる一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く