基礎コース 国際経済学の書評・感想

2317views学生学生

このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎コース 国際経済学 (基礎コース経済学)

はしがき

 国際経済学とは、国家を分析の基本単位とし、複数の国家にまたがる財・サービス・資金・労働の移動・取引についての経済学的な分析を行う分野である。国際経済学は、国際貿易論・国際金融論(国際マクロ経済学)と国際経済開発論で構成される。
 国際経済学の第1の特徴は、国際的な財・サービスの取引に対して、関税を賦課し、あるいは輸出補助金を出すことにより国家が介入することができるということである。そして、第2の特徴は、政府が外国為替レート市場に介入し、自国と外国の通貨の交換比率である為替レートを操作することができるということである。

目次

第Ⅰ部 国際貿易論 

 第1章 国際貿易論のいざいない
 第2章 リカード・モデル
 第3章 へクシャ―=オリーン(HO)・モデル
 第4章 新しい国際貿易の理論
 第5章 空間の中での国際貿易
 第6章 貿易政策
 第7章 国際的な生産要素移動と貿易の利益

第Ⅱ部 国際金融論

 第8章 国際金融論へのいざいない
 第9章 外国為替取引
 第10章 為替レート決定の諸理論
 第11章 経常収支の決定理論
 第12章 国際マクロ経済政策
 第13章 国際資本移動・国際資本市場とリスクシェアリング
 第14章 様々な為替相場制度とその選択

第Ⅲ部 開発経済学

 第15章 開発経済学へのいざない
 第16章 債務危機と通貨危機

構成

 全第Ⅲ部構成で、第16章からなる。各章ごとに3節程度設けてあり、各章末に、「キーワード・練習問題」、そして各部末に‘まとめ’となっている。又、最後に「文献案内・練習問題略解・索引」があり、文献案内は、単に参考文献リストでなく“レベルとその用途”が記載されている。

各部概要

 又、第Ⅰ部の国際貿易論では、財の国際取引という、国境を越えた「モノ」の取引、すなわち経済取引の「実物的側面」を分析の対象とするものである。国際貿易論においては、家計の効用最大化・企業の利潤最大化・市場における需要と供給の均衡といったミクロ経済学の分析フレームワークが応用される。

 一方、第Ⅱ部の国際金融論(国際マクロ経済学)は国際的な「カネの取引」すなわち、経済取引の「金融的側面」を中心に議論する分野であり、金融資産同士の国際的な取引あるいは金融資産と財・サービスの交換に関わる諸問題を分析対象とする。

 最後に、第Ⅲ部の国際経済開発論は、開発経済学と呼ばれる分野の一部でもあり、発展途上国に特有の国際貿易・国際金融上の諸問題と経済発展のための戦略のあり方を考察する分野である。

感想

 基礎コースシリーズの「国際経済学」。入門レベルではあるが、丁寧解説されており、初学者が独学でも十分に学ぶことができる良書である。代表的な経済理論の「リカード・モデル」や「へクシャ―=オリーン(HO)・モデル」や「マンデル=フレミングモデル」も分かりやすく解説してある。

使用方法

 教科書的な使い方で十分であるが、代表的な経済理論をざっと確認する時や、代表的な経済理論は、レポートにも出題されやすいため、レポート作成にも役立つ。又、周辺キーワードで暗記材料を確保するような補助的教材的な方法でも良い。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く