灘中 奇跡の国語教室の書評・感想

3356views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
灘中 奇跡の国語教室 - 橋本武の超スロー・リーディング (中公新書ラクレ)

本書は、21歳から71歳までの50年間、東大進学率トップの灘校で国語を教え続けた伝説の教師・橋本武について、その教え子であり現神奈川県知事である著者が綴った作品です。元々リヨン社から出ていた「恩師の条件」という作品を新書版化したもののようです。その「恩師の条件」は、橋本武という国語教師に世間の注目を集めるきっかけになった一冊でもあるようです。
「銀の匙」という中勘助の小説を3年間掛けて読む、というのが、橋本武のスタイルです。
と、橋本武の国語の授業の話をする前に、灘校についてざっと書いておきましょうか。
灘中学校は、昭和三年に白鶴・菊正宗・桜正宗の三つの酒造会社が出資してできた私立高で、創立当時は、効率の神戸一中のスベリ止めというような位置づけの新設私立高に過ぎなかった。しかし、日本一の学校を目指そう、という大号令の元一丸となり、ついに昭和四三年卒業組で、灘校が初めて東大合格者数日本一になった。
灘校は、中高一貫教育で、六年間同じ教師が受け持つ。だから、橋本武の授業が受けられるのも、六年に一回だけである。そして初めて東大合格者数日本一になった卒業生に国語を教えていたのが、橋本武だったのだ。
東大合格者数日本一の私立高と聞くと、そのイメージだけで、詰め込み教育ばかりやっている学校、という印象を持たれがちだったらしいのだが、実際はまったく違う。校則みたいなものはほとんどなく自由な校風で、また橋本武に限らずほぼすべての教科の教師が、教科書を無視した授業をしていたという。受験対策のような授業はほとんど行われていない、というのが実際のところらしい。解説で、別の灘校卒業生が、英語教師・俵倫一先生の授業についても少し触れているのだkど、『英文法・英文解釈・英作文といった受験用の訓練はほとんどなされず、英語の小説を原書で読破していくという授業だった』と書いています。
そしてその、教科書無視の授業の最たるものが、橋本武の国語の授業だったわけです。
中勘助の「銀の匙」は、明治の日本情緒溢れる東京下町の子供の世界であり、子供目線で話が進んでいくので中学生でも親しみやすい。その他にもいくつかの理由があってこれを国語の教科書にすることに決めるのだけど、これを教科書にするって言っても何も指針はなく、教材からして自分で作っていかなくてはいけない。橋本武の国語の授業は、まさにこの教材作りの軌跡との歩みでもあるのだ。
当時まだガリ版印刷しかなかった時代に、橋本武は常人では信じがたい量のガリ版刷りのプリントを毎回用意してくる。また、一番初めに『銀の匙研究ノート』という、お手製の冊子が配られる。それらを駆使して授業を進めていくのだ。
しかしその授業のやり方は、常識的にはちょっと考えられないものなのです。橋本武曰く、『横道に外れることこそ私の狙い』ということらしいんだけど、横道に逸れすぎだろ!っていうか、そこに道はないぞ!みたいな方向にもどんどん進んで行っちゃうんで、ちょっと衝撃的でした。
例えば、百人一首が出てくる場面になると、国語の授業中に百人一首大会をやる。駄菓子の描写が出てくれば国語の授業中にみんなで駄菓子を食べる、凧揚げのシーンが出てくれば、美術の先生とコラボして、美術の時間に凧を作る、というような感じで、これが一体国語の授業なのか!という感じなんだけど、でもこういう授業だったら受けてみたいよなぁ。
とはいえ、やはりそればかりではなかったようで、とにかく宿題として文章を大量に書かされまくったようです。家で古典を含む様々な本を読み、その感想を書いたりというような課題は常に出されていたようです。百人一首を作る、というような課題もあったとか。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く