伊坂幸太郎のエッセイ集!仙台ぐらしの書評・感想

2261views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台ぐらし

本書は、伊坂幸太郎のエッセイ集です。他にも伊坂のエッセイは発売されていますけど、僕が伊坂のエッセイを読むのは、たぶんこれが初めてのはずです。荒蝦夷という東北の出版社が出している「仙台学」という季刊誌(かな?)に連載されていたエッセイと、震災関係のいくつかの文章、そして書きおろしの短編が収録されている作品です。
伊坂幸太郎はエッセイを書くのが得意ではないようで、荒蝦夷さんから依頼されたエッセイには当初、「エッセイのようにみえるフィクション」を書こうと努力したそうです。しかしもちろんそれもハードルが高かったようで、基本的にその試みは一番初めの「タクシーが多すぎる」だけで終わり、以降は伊坂の周囲の日常の事実を中心に書くエッセイになったようです。
作家をしているから見知らぬ人から声を掛けられることも多いけど、でも実は自意識過剰な状況も多いという話。好きで通っている店が閉店してしまうという話。自身の作品の映画化について。世の中がどうも、なんでもかんでも機会まかせになっていることへの危惧。自分の家の庭にやってくる猫の話。そして、心配性にすぎる伊坂幸太郎が、日々どんな心配事に悩まされているのかなど、本当に日常的な話を、伊坂幸太郎の書く小説作品のような雰囲気を醸し出しつつ書いている作品で、そのおかしみにある書きっぷりに思わず笑ってしまうような場面が多々ありました。
そしてやはりというべきか、避けられない震災の話。伊坂幸太郎は、本書が「震災の本」として扱われることを若干危惧しているようなので、この感想ではその部分にはあまり触れないようにするつもりだけど、伊坂幸太郎の視点から見た震災の姿というものが、そして伊坂幸太郎が抱きたいと希求している未来への希望の姿が描かれています。
そして最後に短編小説。震災後の石巻で移動図書館のボランティアをしている二人(この二人には実在のモデルがいるらしい)を主人公にした、震災というものを背景に持つ短編だけど、「僕は、楽しい話を書きたい」ととあるエッセイの末尾で書いていた伊坂幸太郎らしく、楽しい話になっています。伊坂幸太郎らしいラストの終わらせ方は、思わずクスっと笑ってしまいました。こういう、ありえるわけないんだけどもしかしたら、って思わせる力、やっぱ伊坂幸太郎は凄いなと思いました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く