血筋のいい黒い馬!黒馬物語の書評・感想

2046viewsもあふりーもあふりー

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒馬物語 (少年少女世界名作全集)

≪おおざっぱなザックリ内容≫
とある血筋のいい黒い馬の
幼いころ→お屋敷に住むご主人→いいご主人から悪いご主人→再開
という、一人生の物語。

≪詳細とか解説とかこの本について≫
今現在(2012年)注目の映画、『戦火の馬』。
こちらは、戦争にかりだされた馬の目線でできた物語ですが、
この、『黒馬物語』も実は馬の目線で描かれているのです。
戦争とまではいきませんが、とてもいい話となっています。

そして、この小説は「シュウエル」さんが、
『戦火の馬』の監督と同じく、馬が大好きだからこそ書ける小説です。

≪感想≫
きっと、『黒馬物語』と聞いてピンとくる人は少ないのではないのでしょうか。
私も正直言って、全くこの本を知りませんでした。
しかし、母が突然私に、
「対象年齢は小学生高学年だけど、中学生のアンタなら読めるでしょ。」と
手渡されて読んだ本です。
母は馬が好きなので、小さい頃たくさん読んだようで、今でも好きな1冊だそうです。
そして、私も今は大好きな本です。

1982年に出された本ですが、
年配の方から、小さい子までじっくりと読める本です。
ぜひ、一度読んでみてください!
また、私のように親から子へと繋いでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く