齋藤孝の速読の全体像

3868viewshisato.nhisato.n

このエントリーをはてなブックマークに追加
齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)

はじめに

本は好きなんだけどなかなか早く読めない。できることなら短時間で、より多くのことを学べたらいいなー。
と思い、速読とはどんなものかってことを知る、とっかかりの一冊として購入。
速読の入門書としておすすめです。

速読の全体像

・一部分から全体を、全体から一部を
本、とりわけ小説以外の本は、最初から最後まで全て目を通す必要はなく、ポイントさえつかめていれば良いらしい。慣れれば自然とキーワードが目につくようになり、全体の流れがわかる。そして次の段階として、全体を理解した上で何かポイントとなる一部を取り上げられるようになっていくと、より価値のある速読になるようだ。

・相手に説明できるレベルまで理解すること
これが最も共感できるポイント。ただ、早く読み進めていっても何の意味もない。
”内容を咀嚼し、要約し、意見を言えるだけでなく、その場で即、それができる能力、つまり『速解力』のことです。”
このことを意識することは大事なのではないかと。そしてそういう環境を作るというのも、大事な要素になってくる。

・地図を持って読書の旅に出る
読者は著者の世界に入り込む訳ですから、その著者がどこにいて、そこはどんな場所で、どんな特徴があって、、、のように、書物の外堀を理解して読み進めると頭に入ってきやすい。それは背表紙だったり、目次、著者の他作品からも得られるし、著者は異なっていても同じジャンルの本からだって得られる。本は独立したものではなく、他とのつながりが必ずあるものなので、そのつながりを見つけることもポイントになる。

・おおざっぱであること
できるだけ速読を早くできるようになりたいと思ったって、そんな簡単に身に付く訳がない。それでも読めるようにならないと誰しも諦めたくなってしまう。スピードに個人差はあれど、量をこなすことで徐々に早く読めるようになるのだ。だから最初のうちはやるだけやる、だめで元々、といった心がまえでいた方がいい。ページのめくり方ひとつとっても適当で良い。そんな心構えが速読には必要なのだ。

・速読と頭の良さ
速読が可能になることで、数多くの書物と触れ合うことが可能になる。つまり多くの人の考え方に触れることや知識の蓄積によって、違った観点からものを見れるようになる。それが頭の良さにつながるということのようだ。もちろん自分の考えに同調する書物ばかりにならないことに注意。

感想

入門書として、速読の全体像をつかめるのではないか。速読法には少し調べただけでもかなりの流派があるようで、何が自分に合っているのかはやってみないとわからない。つまるところ、自分のやり方を見つけるのが一番手っ取り早い。もちろん同じ速読であるから、共通項として全てに当てはまるポイントがある。そのポイントをわかりやすく説明し、さらにそれに加えて著者のオリジナルが紹介されているのがこの著書である。今後数ある流派を試し、私に合う速読法が見つかることを願っている。
ちなみにこのまとめの投稿を始めたのはこの本がきっかけである。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く