あなたが年収1000万円稼げない理由。年収1000万円を稼げる人の特徴

3298viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたが年収1000万円稼げない理由。―給料氷河期を勝ち残るキャリア・デザイン (幻冬舎新書)

概要

年収1,000万円を稼げる人の特徴をまとめた1冊

年収とは

■年収は需要と供給で決まる
 ・年収も価格と同じで需要と供給で決まる
 ・欲しい人が多いのに数が少ないなら、価格(年収)は高くなる

■年収1,000万円=時給5,000円
 ・年収1,000万円を労働250日(休日115日)だと、1日4万円
 ・1日8時間労働だと時給5,000円になる
 ・年収500万円なら、時給2,500円の価値を生み出さなければいけない

オンリーワンを目指す

■オンリーワンなら高い給与でも会社は払う
 ・需要と供給で決まるので、代わりの利かない人には企業もお金に糸目をつけない
 ・オンリーワンは業界や会社や場所を代えるだけで、特別なものがなくてもなれる
 ・例えば、医者も都市部よりも田舎へ行けば人手が少なく、高い給料をもらうことができる

好きなものを極める

■好きなものを極めれば、自分のプラスになる
 ・好きなものでも極めれば、自分だけの付加価値となる
 ・みんなと同じ価値(資格)しかないなら、差別化にはならない
 ・好きなものならば、もし会社で使えなくても人生を豊かにできる

キャリアは自分で作る

■キャリアデザインは会社に頼らない
 ・定期人事異動は会社に都合のいい人材育成のためにある
 ・社内よりも社外で通用するキャリア作りをする
 ・キャリアは会社に任せると、放り出されたときに困るのは自分

夢に期限を設定する

■いつかは夢とはいわない
 ・自分なりの目標を掲げ、全力でぶつかるところからしか、可能性は生まれない
 ・期限のない夢は、絵に描いた餅よりも価値はない

自分で決める

■横並びで安心しない
 ・横並びを気にして、自分が思っていることを封印しない
 ・誰もやらない、誰も行かないところに宝の山は存在する

自己投資する

■自己投資にお金と時間を惜しまない
 ・身銭を切って投資しなければ、能力なんて身につかない
 ・目先のお金をケチると、結果的に大きなリターンを失う

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く