優れたリーダーになるための考え方

3358viewskawacyankawacyan

このエントリーをはてなブックマークに追加
最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

ドラッガーの『マネジメント』では物足りない人にオススメ

・優れたリーダーの仕事は、よりよい未来へ向けて人々を一致団結させることた。そういう意味で、リーダーは触媒ではなく、起爆剤だ。
・リーダーとマネジャーの役割は100パーセント異なる。責務が違う。交換は可能ではない。
・すぐれたマネジャーの核となる才能が、他の人を成功させるために教育したいという本能であるとすれば、すぐれたリーダーシップを支える才能は、楽観主義と自我である。

有能なリーダーは、情熱的である必要はない

・魅力的である必要もない。才気溢れる人物、親しみやすい人物でなくてもいい。弁舌に長けていなくてもいい。ただ明確であればいいだけだ。
・「すぐれたリーダーは、よりよい未来に向けて人々を一致団結させる。」
・リーダーの反対語は、したがう者ではない。リーダーの反対語は、悲観主義者だ。

有能なマネジャーは、部下の成果をあげるように仕向ける

・部下の才能を業績に結びつける一番の方法を見つけ出すこと。これがすぐれたマネジャーの仕事だ。
・マネジャーの仕事は、部下の強みの限界と弱みの傾向緒をありのままに描いてみせることではない。マネジャーはセラピストではないのだ。マネジャーの仕事は、部下が成果を上げるようにしむけることである。
・大切ななのは、仕事の自信を持たせることであって、自己認識をうながすことではない。

決して忘れてはならない真実

 決して忘れてはならない真実は、人間の全ての普遍特性、安全への欲求、共同体への欲求、明確さへの欲求、権威への欲求、敬意への欲求のなかでも、明確さへの欲求に応えて貰ったときに、私たちのなかに自信と粘り強さ、活力と創造性が生まれると言うことだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く