9割の病気は自分で治せる!現代医療の現状と自己治癒力を高める方法

15146viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)

概要

薬と検査漬けのマニュアル化された現代医療の現状の是正と意味のない通院をしないために自分を守る知識を教えてくれる1冊

医療の現場

■日本の医者のジレンマ
 ・1年間に診察する患者の数は8421人(OECD平均の約3.5倍)
 ・1日に50人以上の患者を診察する計算で、かなりの重労働
 ・1人3分間で診察したいわけではないが、数をさばくので短時間で診断せざるおえない

■日本の医者は薄利多売構造
 ・1回の受診当たりの診察費0.7万円と少ない(スウェーデン8.9万円、アメリカ6.2万円)
 ・日本の医者は技術料が低く設定されている
 ・代わりに薬を売って儲けなさいという暗黙の了解があった
 ・薬漬けの患者さんを数多くすることで安定をはかってきた

病気の3つのカテゴリー

■病気の3つのカテゴリー
 カテゴリー1:医者がかかわってもかかわらなくても治る病気
 カテゴリー2:医者がかかわらないと治らない病気
 カテゴリー3:医者がかかわってもかかわらなくても治らない病気

■カテゴリーの割合
 ・日常の診断では少なくとも70%多いと90%以上が1に当てはまる

■病院経営を支えるカテゴリー1がおいしい患者
 ・カテゴリー1は慢性疾患
 ・ずっと通ってくれるリピーターで「上得意客」である
 ・命に関わらないので薬を出すだけで裁判などのリスクも少ない

■おいしい患者は創られている
 ・高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などは社会的風潮で治療をしないといけない
 ・メディアも恐怖をあおるように取り上げてくれる
 ・医者も病名が増えれば、一度検査を受けた方がいいのではとすすめやすい

病気の「常識」は「非常識」

■高血圧の誤り
 ・元気な老人の共通点は、血圧が高い
 ・血圧が低くても、脳出血は起こる
 ・高血圧は、降圧剤だけでは解決しない(薬に頼ると自己治癒力が下がる)

■誤ったダイエット法
 ・同じものを食べ続けて痩せるのは、栄養が偏って体調を損ねている
 ・炭水化物を食べないで痩せるのは、エネルギー不足で筋肉から補っている
 ・2つとも健康を害した命がけのダイエット

■メタボリックシンドロームの本当
 ・メタボはカテゴリー1の病気にしかすぎない
 ・「あなたはメタボです」と「あなたはがんです」とでは全く違う
 ・メタボは食べすぎと運動不足なだけで、医者に相談するものではない

健康と病気の境

■中国の伝統医学「中医」の3つの状態
 状態1:恒常性が健全に保たれている状態…健康
 状態2:恒常性が崩れかけている状態…未病
 状態3:恒常性が崩れ、そのままでは元に戻らない、悪化している…病気

■「中医」の考えは自己治癒力を高める
 ・西洋医学は病気になってから治療にとりかかる(火事になってから火を消す)
 ・「中医」の考えは自己治癒力を高め、病気や未病を治そうと理にかなっている

自己治癒力を高める方法

■前かがみの姿勢をやめる
 ・前かがみ、うつむき加減は交感神経を優位にし、全身の血の巡りを低下させる
 ・胸を張り、姿勢を正すことを心がける

■ときどきゆっくりと深呼吸
 ・深呼吸は自律神経のバランスを整える
 ・1日に30回くらいは腹式呼吸をする

■1日6000歩歩く
 ・動かないと自己治癒力は顕著に低下する
 ・のんびりと一人でできるような運動が最も適している

■7時間睡眠
 ・睡眠はただの休憩ではなく、自己治癒力を修復してくれる
 ・7時間である必要はないが、翌日の午前中眠い人は睡眠不足である

■自己治癒力を高める「海外旅行」と「読書」
 ・海外旅行と読書は短時間で時空を超え、価値観を変えてくれる
 ・感動やカルチャーショックを受けるとリンパ球数が増加し自己治癒力が高まる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く