敬語は不向きな場合がある!嫌われる敬語 好かれるタメ語を場面別で紹介!

27285viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
嫌われる敬語 好かれるタメ語

概要

喜び、感謝、当惑、わびなどの感情を表現するのに、敬語は不向きな場合がある。礼儀正しく、正しい敬語を使うのは必要ではあっても、絶対ではない。例えば、ちょっとしたミスで「大変失礼しました」と改めていわれるよりも「ごめんなさい」と素直に謝られた方が好感を抱くこともある。ビジネス場面におけるそんな好感を持てる話し方を教えてくれる1冊。

「A社の担当にならないか」と上司から新しい仕事を振られたとき

【嫌われる敬語】
A社ですか? はい、早速お伺いします。課長のお知り合いの方のご紹介いただけるのでしょうか?

⇒感謝の気持ちが出ておらず、事務的で冷めた印象を与える

【好かれるタメ語】
え? ほんとですか!? ありがとうございます! よろしくお願いします

⇒上司の気持ちに感謝して、やりたいという熱意も伝わる

◆ポイント
 ・新しい仕事を振った上司は部下の成長を期待している
 ・その気持ちにまずは前向きに答えてあげると上司は嬉しい

歓迎会の翌日で上司に感謝の気持ちを伝えるとき

【嫌われる敬語】
昨日はありがとうございました。お疲れ様でした

⇒形式すぎて感謝の気持ちが伝わりにくい

【好かれるタメ語】
昨日はありがとうございました。課長のひと言がとても嬉しかったです。これからも頑張っていけそうです。

⇒感謝を気持ちを伝えるときは、言葉に具体性を持たせる

◆ポイント
 ・感謝の言葉は形式よりも内容を
 ・~がうれしかった」というフレーズがあると親近感がわく

お客さんからの電話の声が聞き取りにくいとき

【嫌われる敬語】
誠に申し訳ありませんが、電波が悪いようで、まったく聞き取ることができません。おかけ直しください。

⇒こちらを動かそうと能動的で機械的で冷たい

【好かれるタメ語】
電波が悪いようですね。こちらからかけ直します。いったん切って、少し場所を移動してみてくれませんか?

⇒「こちらからかけ直す」というひと言があるだけで印象が違う

◆ポイント
 ・大切なのは表面的な言葉ではなく、相手に対する態度

仲間と一緒に上司を飲みに誘うとき

【嫌われる敬語】
お仕事が大変お忙しく、少しでも難しいとと存じますが、お食事をご一緒にいかがですか?

⇒「忙しいから来れませんよね」「とりあえず声をかけている」というメッセージ性を感じる

【好かれるタメ語】
おなかもすいたので、食事してちょっと一杯、と思っているんですが、よかったら一緒にいかがですか?

⇒スマートで自然な言い回し

◆ポイント
 ・上司だからといって仲間外れにされるのは腹が立つ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く