裁判長!ここは懲役4年でどうすかの書評・感想

2304views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)

本作は、フリーライターである著者が、娯楽として裁判を傍聴するのにのめり込んでしまったその記録ともいえるものです。
裁判を傍聴した経験などない著者は、それでもとりあえず裁判所内をウロウロしながら、手当たり次第に裁判を傍聴していく。面白い裁判に出会わないことの方が多いが、それでも当たりの裁判に出会うと喜んでしまう。どんどん傍聴にのめりこんでいく。
その内、傍聴にも慣れ、傍聴仲間も出来、判決の予想も立てられるようになっていく。裁判所のミニ知識や傍聴仲間との座談会も収録した一冊です。
本作は、ある日を境に突然売れ出して在庫確保に奔走した本なんだけど、まあそれはいいとして、面白い作品でしたね。実はこの本、文庫の新刊で出たとき既に注目していて、売れてないのに補充の注文を掛けて平積みしていたんだけど、全然売れない代物で、でもたぶん何かで紹介されたとかなんでしょうね、売れ出しました。
本作は、娯楽として裁判を傍聴しに行くという、多少不謹慎な内容ではあるのだけど、まあ裁判の傍聴は国民の権利として認められているわけだし、傍聴をするということにも意義があるようだし、その辺はまあいいかなと思います。
しかしそれにしてもいろんな犯罪者がいるわけで、読んでいて楽しくなりますね。要するに、ちょっとおかしい人達がたくさん出てくるんだけど、裁判所というのはそういう人間の宝庫なんでしょう。本作の表紙の絵の構図もその一例で、背中にドクロマークのついた服を着て裁判に臨んだ被告の話があるのだけど、普通に考えてそれはないでしょう、ということを平気でやってきてしまうから恐ろしい。変な人間が大好き(少なくとも自分と直接関わらない限り)な僕としては、変な人間のオンパレードとも言える本作は、なかなか読み応えのある作品でした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く