悪の教典の書評・感想

2955views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
悪の教典

本書は、今年あらゆるランキングをかっさらった話題作で、貴志祐介の久々の長編小説です。
舞台は町田市にあるとある高校。そこに昨年から英語教師として勤務している蓮実聖司が主人公。
蓮実は学校内で「ハスミン」という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇っている。キレの良い口調で進められる授業は大人気だし、生徒のトラブルにもいち早く気づき、相談に乗り、解決してくれる。蓮実が受け持つクラスには、ハスミンの親衛隊なる組織まであり、学校側もあらゆるトラブルに強い蓮実に頼り切っているところがあった。
しかし中には、蓮実に対して不信感を抱く人間もいる。それは、ある種の「勘」としか言いようがない。周りを納得させるだけの理由は言えないのだけど、なんとなく危険を感じるのだ。
実際蓮実は、実に危険な人間であった。蓮実の真の目的な、学校内に王国を築くことであり、その目的のためにありとあらゆることを利用し、また問題が起これば、誰かを陥れあるいは殺すことも厭わない、そんなサイコパスだったのだ。もちろん、ボロを出すような人間ではない。その異常に高いIQと、周囲を洗脳してしまう強い力を利用して、邪魔な者は排除し、かつ欲しいものはすべて手に入れる、ということをずっとやってきた。
学校では、様々なトラブルが起こっていた。生徒が試験で大規模なカンニングを計画している、なんていうのはまだ可愛いもので、教師の飲酒運転や教師の自殺など、次から次へと大事件が起こる。もちろん裏では、蓮実があらゆる糸を引きつつ、自分の有利な状況を生み出そうとしているのだ。
そうやって、徐々に王国を築きあげてきた蓮実だったが、ある時これまでの努力を完全に放棄せざるおえない事態になってしまい…。

悪の教典

悪の教典

  • 貴志祐介

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く