ロボットが日本を救うの書評・感想

1844views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボットが日本を救う (文春新書)

本書は、徐々に社会的な需要が高まってきており、日本のみならず世界各国で熾烈な開発競争が進んでいる『ロボット』について、日本の現状や大きな課題、今後の展望、また諸外国の動きや日本のからくり人形からの流れなど、様々な方面からアプローチしている作品です。
序盤から中盤に掛けては、ロボット先進国と呼ばれる日本におけるロボット作りの最先端に触れられるような内容になっています。福島原発内で作業をした、階段も50度以上の傾斜も登ることが出来る作業ロボット、避難所で活躍した癒しロボット「パロ」、鉄腕アトムをつくれと言われて開発に着手した「アシモ」、その他、介護や手術、娯楽と言った分野で最先端を走る日本のロボット技術について、どういう部分が日本のオリジナルであり、他国のロボット事情とどう違うのか、また日本のロボットが国内だけではなく海外で(時には日本以上に海外で)評価されているという事実なんかにも触れつつ、からくり人形からの流れを汲む、他国とは違った設計思想を持つロボット事情を追って行きます。
そして中盤以降は、日本のモノづくりがさらされている国際的な脅威、というものが中心になって語られます。
それは、『知能化』と『国際標準』という二つの側面から語ることが出来る。
『知能化』というのは、エアコンが部屋の中の人の存在を能動的に感知して設定温度を変えるとか、美味しいご飯が炊ける炊飯器とか、そういうただの家電ではないプラスアルファの性能を持った機械たち。『知能化』というのはそういうものを指します。
そしてこの『知能化』を実現するのは、ハードではなくソフトです。そして日本は、ハード作りは上手いのだけど、ソフト開発ではまだまだ欧米から(特にアメリカから)大きく立ち遅れてしまっている、というのが現状です。国内のロボット研究者に聞いても、若干の意見の相違はあれど、やはりみな、ロボットはハードの戦いではなくソフトの戦いになっていく、という認識を持っているようです。
そしてもう一つの『国際標準』。こちらの方がより深刻です。
モノづくりがハイテク化していく中で、国際的に規格を合わせようという動きが必然となっていき、モノづくりの現場では今、国際的な規格を勝ち取ることが出来るか、というのが最大の問題になりつつあります。
これは、携帯電話を例に取ると非常に分かりやすい。一時は、世界の携帯電話市場のほとんどを独占していた日本企業は、しかし国際標準の戦いに敗れ、今では市場の3%を占めるばかり。ガラパゴスと呼ばれて久しいけれども、あれは国際標準獲得の失敗による衰退だったのだそうです。
この二つが、モノづくりの根本を変えてしまった。その中で日本はいかにして戦っていくのか。そのモノづくりの最前線について書かれています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く