嫁の遺言の書評・感想

2055views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
嫁の遺言

本書は、7編の短編が収録された短篇集です。

「嫁の遺言」
最初にそれが起きたんは、朝の満員電車の中でした。
それから時々僕は、死んだ嫁の気配を感じるようになった。大抵、真昼間の、人が多い時に限って。
付き合ってる頃から、変わった女だった。普通女が好みそうなことをなんだか全力で拒否するような、そんな変わったところがあった。それで、結婚してからすぐに、癌で死んでしまった。
癌であることは知らせなかったけど、入院中、私が死んだらどうする気や、なんて言っていた。そういう女だった。

「いちばんめ」
高校時代の友人の結婚式の二次会で、当時付き合っていた新藤大輝と久々に再開した。
わたしが初めて付き合った男の人だった。
マンモスという渾名で、この結婚式の新婦である長年の親友である理美は、わたしによく言っていた。あの頃山ちゃんはいつも言ってたもんね。将来は絶対に新藤と結婚するんだって。
お互い、どうしていいのかわからなかった。わたしは新藤のことが好きすぎて、余計なことを心配するようになって、どうしようもなくなっていった。わたしの方が新藤を好き、その状況が哀しかった。
そんな新藤も、結婚するらしい。

「あの人への年賀状」
僕は母親が経営している丸山理容室に足を運んだ。久しぶりだ。近所の小学生と、もう髪を切る必要もないようなお年寄りばかりが相手の、決して繁盛しているとは言えない店だ。
がたついている店を改築して二世帯住宅にしようと話をした時、母親に、店だけは残して欲しい、と言われた。今日は、それを諦めてもらおうと話に来たのだ。
僕には、どうして母親がこの店にこだわるのか理解出来ない。結婚して嫁いで行った先の、夫の両親が経営していた理容室で、その夫は結婚後すぐに家を出ていった、そんな場所でしかないのに。

「不覚悟な父より」
今日もまたいきなり怒鳴りだしてしまうかもしれない。
娘の絵里が結婚すると聞いて、お父ちゃんは落ち着いてはいられんのだ。
お母ちゃんとはもう大分前に離婚した。いつも正しかったお母ちゃんの唯一の失敗は、お父ちゃんと結婚したことだ。結婚後も女の尻を追いかけるのを止められなかったアホなお父ちゃんと結婚したお母ちゃんは、今は、絵里を待つこの喫茶店のマスターと再婚して、いい家庭を築いている。
そんなお父ちゃんが、絵里が年の離れたオッサンと結婚するって聞いて怒るのは間違ってるのかもしれないけどなぁ。
絵里とはずっと気が合った。それでお母ちゃんには怒られてばっかりだったけど、それでも良かった。
士道不覚悟やな、ほんと。

「あんた」
あんたが倒れて病院にいるって連絡が来たよ。しかも名古屋の競馬場で。店を手伝ってくれているパートの佐代ちゃんの痛い視線を感じながら、健康保険を払ってないあんたの治療費を払うために、東京からあんたのところに行くよ。
あんたは、お姉ちゃんのヒモだった。お姉ちゃんはどうもろくでもない男に引っかかる。まあ、不倫していたわたしも人のこと言えたもんじゃなかったけど。
一度あんたに大きなお金を借りたことがある。それは結局色々あって、まだ全部返せてはいない。それはきちんと返さないとね。そう言い聞かせながら、名古屋へ向かう。

「窓の中の日曜日」
ユカに会えるのは毎週日曜日だけだ。しかも、毎週必ず会えるわけではない。それでも、ちゃんと会える時のことを考えて、お酒の量は感がないと。また飲み過ぎたんだね、いくら仕事でも限度というものがあるんだから。またそんな風に言われてしまう。
離婚して、ユカは夫の方に取られた。わたしの浮気が原因だから仕方ない。仕方ないけど、どうにも納得出来ないものがある。私は本当に、ダメな母親だったのだろうか?
体調の悪いママの代わりに、店を切り盛りする。常連さんが集う土曜の夜。

「おかえり、ボギー」
繁盛してるわけでもないけど、経営が成り立たないほどでもないラーメン屋。その店じまいの曲は、ここ最近決まっている。
マユミちゃんという店の常連さんがいる。その息子の良と、ウチの娘の有子は仲が良かった。優等生のまま大人になってしまった有子と、男気だけはあるけれど立ち回りがうまくなくて色々損ばかりしている良。二人はまるで兄弟のように喧嘩したりして大きくなって行った。
良の男気が結果的に悪い方向に作用してしまったとある件をきっかけに、良と有子の関係は色々こんがらがっちまって、まあそれで店じまいの曲があれになってるんだよなぁ。

嫁の遺言

嫁の遺言

  • 加藤元

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く