1分間でやる気が出る146のヒントから特にやる気の出るヒントを紹介!

5842viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
1分間でやる気が出る146のヒント

一言

 どこからでも読める、1分で読める、すぐ実行できる。「考え方しだいで世界は変わる」という著者が、「人生を違う角度から見てみる」「自分が世界を変える可能性を信じる」など、読者の発想を変える斬新なヒントを1ページに1項目ずつ、明快に力強く提案。

146あるヒントのうちのいくつかを紹介

・考えすぎて複雑にしない
 「人間には、他人が思いついたアイデアをひねくり回して複雑なものにしてしまう習性がある。あなたはそのことに気づいているだろうか。この奇妙な習性のために、簡単で合理的で実行しやすい計画のはずが、悪夢のようにひどく複雑なものになってしまうのだ(以下略)」

 自分でも他人でも、最初に直感するアイデアというのが、知識や経験をまっすぐ反映した意味のある発想であることが多い気がする。

・「あなたには無理だ」と言われたことをやる

・お互いにほめ合って元気を出す
 「私は一つの言葉で二ヶ月生きられる(マークートウェイン)

・笑って健康を保つ
「ポジティブな感情は、体内におけるポジティブな化学変化と直接的な関係がある」

・人の重荷を軽くする
 「他人の重荷を軽くできる人は、みな有能な人である」

・どんな思いつきでも人に話してみる

・わからないことは質問する

・つらいときこそ、上を向く
 「私の親友が『あるオフィスの天井に面白いことを書いた貼り紙を見つけたよ』と言ってきた。それには『将来の見通しが暗いときには上を向こう』と書かれていたというのだ」

その他(本文より引用)

 私たちは毎日を新しい選択と目標のためのチャンスにすることができるのである。一日の初めにまだ何も書かれていない真っ白のキャンバスに向かって、自分を新たに描くことができるのだ。

 長所とは偶然に手に入るものではない。それは高いところに目的を置き、ひたむきに努力し、計画性を持って前進し、念入りに磨き上げて、ようやく得られるものなのだ。

 「大切な人」というと、ほとんどの人は配偶者や恋人を思い浮かべる。しかし、あなたの人生で重要な役割を演じている。その他のすべての人も「大切な人」ではないだろうか。

 コミュニケーションは自分自身に語りかける言葉から始まる。あなたは自分の価値を信じ、自尊心を持っているだろうか。

 厳密にいうと、私たちは経験から学ぶのではない。経験についてよく考えて、そこから学ぶのだ。

 成長とは、新しいアイデアを試し、うまくいかないアイデアを捨て、うまくいくアイデアを生かすプロセスのことである。

感想

 断定的なモノの言い方ではなく、自分で考える余地を残してくれているので読みやすいと思います。自分なりに解釈して日々の生活に取り入れていくといいと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く