ひかりの剣の書評・感想

2189views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひかりの剣 (文春文庫)

本作は、「チーム・バチスタの栄光」などで有名な海堂尊の最新作です。
本作では、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の速水晃一と、「ジーン・ワルツ」にちょっと出てきた清川吾郎の二人が、剣道でしのぎを削って戦っていく、という話になります。
舞台は、「ブラックペアン1988」と同じ1988年。バブルまっさかりではあるけれど、厚生労働省が「医療費亡国論」を掲げ、医療費削減のための手段として医師減らしを目論み始めた年でもある。
そんな中、東城大学医学部に通う速水と、帝華大学医学部に通う清川は、共に剣道部に所属し医鷲旗を狙うことになる。
医鷲旗とは、医学部剣道大会の中で最も象徴的な大会である「医鷲旗大会」で優勝校に与えられる旗である。この旗を手にした者は医学の世界で大成するという伝説があり、各医学部剣道部は総力を決してこの医鷲旗を目指して日々研鑚を積んでいる。
速水と清川は対照的な人間だ。速水は、授業はサボるが剣道に対しては真面目で、その生真面目な性格が部をまとめあげているものの、そのためにもう一歩前に進み出ることが出来ないでいる。一方の清川は、生まれもって剣の才を与えられた人間で、稽古はこれでもかとサボる癖に滅法強い。そんなやる気のない清川は、とあるタヌキ親父に乗せられて、医鷲旗奪還に前向きに取り組む羽目になる。
そのタヌキ親父こそが、元帝華大学医学部剣道部の顧問であり、その後東城大学医学部剣道部の顧問になった、現役時代は阿修羅と称された高階顧問である。
真面目に剣の力で医鷲旗を目指す速水と、どんな姑息な手を使ってでも医鷲旗を目指す清川。そこに高階顧問の思惑が加わり、医鷲旗大会は渾沌としていくが…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く