ブラックペアン1988(上)の書評・感想

1504views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

本作は、「チーム・バチスタの栄光」から続く、東城大学医学部を舞台にしたシリーズになります。ただし、時代は遡り、昭和と平成の境目である1988年です。
東城大学医学部の佐伯総合外科教室の医局員1年目である世良雅志は、医師国家試験の合格発表を間近に控えている、未だ医者としての身分ももらっていないような男である。そんな末端ではあるが、医局員としての仕事は降りかかってくる。毎朝の採血なんかはかなりきついが、まあ頑張るしかない。早速手洗いとして手術に立ち会うと言ったこともやる。忙しい毎日だ。
ある日世良は、部屋で手術着のまま横になっている男を発見する。見たことのない顔だ。よく分からないままその男のペースに巻き込まれてしまう。カンファレンスにその男と遅刻して行く羽目になった。
そこで男の素性が明らかになる。官僚養成大学と呼ばれる帝華大学から着たという高階である。東城大学には講師という形でやってきたようだ。佐伯教室に配属らしく、しかもどうやら佐伯教授とはあまりかみ合わせがよくないらしい。なんだか嫌な予感がする。
その高階は、「スナイプAZ1988」という秘密兵器を携えてやってきた。それは、『食道癌における下部食道切除術』という、なかなかに高度な術式の手術を容易にする秘密兵器なのだそうだ。ならばお手並み拝見と、佐伯教授は高階講師に早速手術を命じる。
技術を重んじる佐伯教授と器械の導入を主張する高階。そこに、佐伯教授となにやら因縁があるらしい渡海という謎の医者が混ざりこんで異様な様相を呈する。何が正しいのかを追い求める中で、世良が図らずも知ることになる医者の覚悟のあり方とは…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く