運のいい人、悪い人より、幸運の法則と運のいい人の特徴を紹介!

64010viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則

幸運の法則

法則1. チャンスを最大限に広げる
ポイント
1. 運のいい人は「運のネットワーク」を築きそれを広げている
2. 運のいい人は肩の力を抜いて生きている
3. 運のいい人は新しい経験を喜んで受け入れる
法則2. 虫の知らせを聞き逃さない
ポイント
1. 運のいい人は直感と本能に耳を傾ける
2. 運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめない
法則3. 幸運を期待する
ポイント
1. 運のいい人は幸運が将来も続くだろうと期待している
2. 運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめない
3. 運のいい人は対人関係がうまくいくと思っている
法則4. 不運を幸運に変える
ポイント
1. 運のいい人は不幸なプラス面を見ている
2. 運のいい人は、不運な出来事も長い目で見れば最高の結果になると信じている
3. 運のいい人は不運にこだわらない
4. 運のいい人は積極的に行動して将来の不運を避ける

運のいい人

正しいタイミングで正しい場所にいる

運のいい人はたくさんの人に会うことで、偶然のチャンスに出会う確率を高める。スーパーのレジに並びながら隣の人に話しかける。何気ない会話が幸運をもたらす。

私は友人コレクター。人が好きで、誰とでもすぐ友達になれる。みんなと連絡をとり続ける。全員は無理だけど、なるべく多くの人に連絡をとるようにしている。

自分のコミュニティを大切にするスキル。たくさんの人と話し、いろいろな人と過ごしながら、自分の周りに人を集め、知り合った人との関係を大切にする。運のネットワークは広がり、偶然の出会いの可能性も高くなる。

知らない人にも自分から話しかける。暇で退屈しているより、面白い人を探しに出かける。イベントやパーティーに出席した時は、楽しく話せる人を見つけよう。私が相手に関心を持つから、人が私に魅力を感じる。外に出て誰かと会うだけで、素晴らしい出来事や人と巡り会う確率が高くなる。誰にも会わなければ、幸運もやってこない。

運のいい人は、絶対に理想のパートナーを見つけよう、自分にぴったりの仕事を紹介してくれる人と話をしようと、意気込んでパーティーや会合に出かけるわけではない。自分が見つけたいものを探そうとするのではなく、そこにあるものを見ている。その結果、偶然のチャンスに出くわす確率が高くなる。ほしいものが具体的に特定されていると、人生はそんなに幸運ではない。(条件で絞りすぎないことがいい)肩の力を抜いて許容範囲を広げていれば、全てのことが、もっと良く見えてくる。普段から肩の力を抜いているおかげで、自分の周りの出来事に気が付きやすい。チャンスを見つけようと必死に目をこらさないほうが、たくさんのチャンスが見える。

広いリンゴ園の真ん中に住んでいるとする。毎日、リンゴを集めなければならない。最初の何日かは、どこへ行ってもリンゴはたくさんある。日が経つにつれ、一度行った場所ではリンゴが集めにくくなる。同じ場所に何回も行くほど数は減る。偶然の機会はすぐ底をつく。同じような人にいつも同じように話しかける、仕事の行き帰りは同じ道を通る、休日は同じような場所にしか行かないという繰り返しでは、リンゴの数は限られてくる。新しい経験や成り行きに任せた振る舞いは、新しい偶然を連れてくるかもしれない。リンゴ園でまだ行っていない場所に行ってみると、溢れんばかりのリンゴが待っているかもしれない。

同じチャンスでも、違う人生になる。チャンスに気が付くか、気がつかないかだ。

運のいい人は知らない人と話すことが苦にならない。電車で隣に座ったなど、自然の成り行きで話しかける。話のきっかけを掴むには、まず何か質問をするといい。おいしいレストランを聞いたり。限定的な閉じた質問ではなく、幅のある開いた質問をする。開いた質問は長くて具体的な答えにつながり、自然と話がふくらむ。気さくそうな相手なら、最初から具体的に話しかける。いい雰囲気で話が弾んだら、また会いましょうと言ってみる。断られることを恐れないこと。世の中にはたくさんの人がいて、あなたが話しかけると喜ぶ人もたくさんいるから。

運のいい人は直感を無視せず、本能が警告のベルを鳴らしたら、立ちどまって慎重に考えろという合図だと考える。直感を研ぎ澄まし、心の声に自信を持って従えるようになろうと努力する。

運のいい人は、いろいろなことに対して期待度が高い。未来は明るいバラ色だと信じている。雨が降っていたら、「明日は庭の花が咲くだろう」と喜ぶ。人は、過去に起きた事に基づいて、これから起こることを予想する。運のいい人は、不運な出来事にこだわらず、一時的だと考える。その先には明るくて幸せな未来が待っていると、期待し続けることができる。

どうせ当たらないから。そう思う人が多いから当たる。

仕事を探そうとしなければ、いつまでも無職のまま。運の悪い人は自分が失敗すると決めつけているから、目標を達成する努力をほとんどせず、その結果、失敗するだろうという期待が現実になる。前向きな期待は自分がほしいものを手に入れるために可能性がごくわずかでも、挑戦しようと思わせる。可能性は低いと思いながらも応募しよう。

運のいい人は肩の力を抜いているから、事故に遭う確率も低く、不安が引き起こす病気にもかかりにくい。死亡率も低い。

あなたは相手が気さくな人だと思っているから、自然と笑顔で挨拶をする。相手はあなたの笑顔を見て、自分に会って喜んでいるのだと思う。相手はあなたが好印象を持っていることを感じ、あなたに好印象を持つ。あなたに好印象を持った相手は笑顔を返す。あなたは相手の笑顔を見て、聞いた通りの気さくな人だと思う。これらは全て、初めて会ってからの数秒のうちに起こる。2人とも何か起こったのかを考える暇もなく、一言もしゃべってさえいない。

毎朝の習慣に入れよう。「私は運がいい。今日も幸運な1日が待っている」「私はもっと運が良くなる」

運のいい人は常に明るいところを見て、もっと悪い結果になったかもしれないと自然に考えられる。運の悪い人は、苦しくて悲しいところしか目に入らない。運のいい人は不運な出来事を経験しても、それ以上に悪い事態になったかもしれないと考えることができる。自分よりもっと不運なことを経験している人と比較する時もある。運のいい人は自分より運の悪い人と比較して、不運のダメージを減らす。

運のいい人は成功すると信じているから、努力もいとわない。運のいい人は辛抱強い。不運は乗り越えなければならない試練であり、その先にはもっと幸運なことが待っている。何回でも挑戦する。前進あるのみ。簡単にあきらめてはいけない。人生にはちょっとした壁がつきものだから、次の波を待てばいい。運のいい人は失敗に直面してもあきらめず、より前向きに受け入れようとする。楽しいと思えないなら、積極的に見方を変えるべき。やり方を変えて、楽しいと思えることをやる。難題に直面したら、普通とは違うやり方で解決しようと努力する。自分に与えられた状況を楽しめばいい。

不運のプラス面を見るときのコツ:状況がさらに悪くなった場合を想像する。交通事故に遭ったとしても、少なくとも命は助かった。財布を落としてクレジットカードがなくなったが、長い人生を考えれば、大したことではないかもしれないと考える。

幸運は心の持ちよう。自分の考え方や行動によって作り出すことができる。自分の心の中に、自分で幸運のお守りを作ろう。

幸運になるための問題解決の五つのステップ

1. 自分にはどうすることもできないと、決めつけない。主導権を握り不運の餌食にならない。
2. 今すぐ何かをやる
3. 考えられる選択肢を全てリストに書き出す。想像力を働かせ、既成の考え方にとらわれない。友人にも同じ状況に立たされたらどうするかを聞く。可能性のある方法をどんどん増やす。
4. どのように前へ進むかを考える。全ての選択肢を一つずつ検討する。時間はどのくらいかかるか?それを実行する知識と能力があるか?具体的にどのような結果になるか?様々な展開を予想する。
5. 実際に解決する方法を決めて実践する。解決策を見つけるために集中すること。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く