哲学者ニーチェの名言の数々

4466viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
超訳 ニーチェの言葉

ニーチェの名言

・人間というのは間違った評価をされるのがふつう
・一日の終わりに反省しない。自分をだめだと思ったり人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。そういうときはさっさと自分を休ませなければいけない。
・小さな事柄に関して自制できないと、大きな事柄に関して上手に自制して成功できるはずもない。欲望の言いなりになったりせず、自分がちゃんと自分の行動の主人になる。
・自分のなぜを知れば道が見える
・仕事はよいことだ。仕事にたずさわることは、わたしたちを悪から遠ざける。くだらない妄想を抱くことを忘れさせる。そして、こころよい疲れと報酬まで与えてくれる。
・今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ
・生活を重んじる。人生の土台をしっかりと支えている衣食住という生活にもっと真撃な眼差しを向ける。
・生活をデザインする。生活の諸々の事柄や人間関係を自分の好きなようにデザインしてよい。
・多くの人は、その案や意見が述べられたときの調子とか言い方、言った人の性格や雰囲気に対して反発の気分があるから、反対する
・飽きるのは自分の成長が止まっているから。手に入れたものは自分の中で変化しないから飽きる。人間として成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、同じものを持ち続けても少しも飽きないのだ。
・批判は風だ。頬には冷たいが、乾燥させ、悪い菌の繁殖を防ぐ効果がある。だから批判は、どんどん聞いたほうがいい。
・人のことをあれこれ考えすぎない。他人をあれこれと判断しないこと。他人の値踏みもしないこと。人の噂話もしないこと。あの人はどうのこうのといつまでも考えないこと。そのような想像や考えをできるだけ少なくすること。こういう点に、良き人間性のしるしがある。
・自分をカリスマ性を持った深みのある人間であるように見せたいなら、一種の暗さ、見えにくさを身につけるようにすればよい。自分をすべてさらけだきないように、底が見えないようにするのだ。多くの人は底が見えないことに一種の神秘性と深さを感じるからだ。
・人をはずかしめることは悪だ
・両者のちがいのままに喜ぶのが愛することなのだ
・愛というのは、ちょっとずつ成長していくものだ。それより先に性欲を追い越させてはならない。愛の発達に少しだけ遅れて性欲がともなうくらいがちょうどいい。
・真の教育者は解放する。あなたの能力をフルに発揮させてくれる人。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く