「メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書」に学ぶ女性とのコミュニケーションの秘訣

25894viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書

概要

メイド喫茶を経営をしていたオーナーが語る女の子の気持ちを暴露し、女性とのコミュニケーションの秘訣を教えてくれる1冊です。

女の子をひとくくりにするのが間違い

■女の子も一人一人個性がある
 ・女の子も女の子である前に一人の人間
 ・モテない男ほど女の子だからと妙に美化したり、さけすんだりする
 ・一人の人間として付き合ってあげるのが、心を通じる第一歩

女の子は男子の何倍もモテたがっている

■恋愛への覚悟が違う
 ・男性とは違い何時間でも費やし一生懸命おしゃれをする
 ・生き物として子孫を残せるのは女性だけ
 ・できるかぎりモテて、いい男性を選びたいと心底から思っている
 ・モテるために努力をしている女性の気持ちを知ってあげることがモテる男の条件

女の子は絶対平和主義

■会話は共感するためのもの
 ・男性は競争主義でいかに勝つかが大事
 ・女性は同じ価値観を持つ人と囲まれて平和に暮らしたい
 ・女性の会話は、共感して「なかよし」であることを実感している
 ・女の子と話すときは、間違っていても指摘してはいけない

女の子との会話は中身ではない

■女の子に喋らせることが大事
 ・女の子との会話は中身よりも共感
 ・受身でよく真剣に聞いてあげる態度が重要
 ・共通の話題でなくても「教えて」と聞けばいい
 ・女性は男性特有のプライドがないので聞いてもバカにはしない

イイヒトでいいじゃない

■イイヒトこそが第一歩
 ・モテない人はイイヒトになりたくないと使いがち
 ・モテる男子は普段女の子と一緒にいるので、経験的に何が好き嫌いを学んでいる
 ・まずはイイヒトになって女性の輪に入ってみる

女性は外見で中身を判断する

■ベタキャラになる
 ・女の子は外見から中身を合わせる傾向が強い(メイド服を着ればメイドになれる)
 ・女の子は男性にも同じことを望み、外見と中身が合わない一致しない人を嫌う
 ・キャラが安定している(外見がヤンキーなら中身もヤンキーなど)ほど安心して近づける
 ・意外性は仲良くなってから見せればいい

メールは、女の子を口説く手段にはなりません

■基本は直接会う
 ・メールは仲良くなるために有効でも、唯一の手段ではない
 ・女の子は会話の中身よりも雰囲気やニュアンスを大切にする
 ・メールはアポ取りの連絡用だと思うべし

猫かわいがりされても女の子は嬉しくない

■デートで大切なことは男性が一緒にいて嬉しいかどうか
 ・モテない男性ほどデート中に「今日は楽しい?」と聞いてしまうが間違い
 ・女の子は美味しい食事やきれいな風景を期待していない
 ・本当に大事なのは、自分とデートしている相手の男性が喜ぶ姿が見たい
 ・もしも聞くなら「楽しいねえ、君はどう?」と聞いてあげるのがベスト

女の子は、華やかななことに憧れる

■デートは華やかなところを選ぶ
 ・女の子は華やかな場所が大好き
 ・自分がスポットライトを浴びなくても、他の人が注目されている姿を見てときめく
 ・デートに誘うなら、華やかなところか誰かがスポットライトを浴びている場所を選らぶ

基本、選ぶのは女の子の方。ということ

■恋愛の決定権は女性にしかない
 ・ラブコメアニメのようなわかりやすいモーションをかけてくる女性は世の中にはいない
 ・モーションをかけてくる場合、気のないふりをして男性から告白させようとしてくる
 ・恋愛に対するIQは、女の子は生まれながらに天才級で男性は低能級
 ・恋愛の決定権はあくまでも女性にあることを肝に銘じる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く