愛しの座敷わらし 上の書評・感想

2271views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)

晃一の転勤により、引っ越すことになった高橋家。都心に住んでいた彼らが向かったのは、牛がその辺りにいるような、ドをつけたくなるような田舎。晃一が、どうせ引っ越すなら一軒家がいいだろう、と言って探し当てた物件だ。とりあえず下見を、ということで家族全員でやってきたものの、既に史子は不安で一杯だった。一番近いスーパーはどこ?
晃一が見つけてきたのは、築103年というまさに古民家と呼ぶのが相応しい物件。かつて外国の芸術家が住んでいたらしいのだが、どういうわけか突然引き払ってしまったらしい。史子にはその経緯も大いに不安を感じるのだが。
小学四年生で好奇心旺盛な弟の智也は大丈夫かもしれないが、中学二年生の梓美はここに住むことは決してオーケーしないだろう。トイレが水洗ではない時点でたぶんNG。ちょっと夜道が暗いのが不安だけど、やっぱり街中のマンションにしよう。こんなところにはやぱり住めない。
しかし結局一家はここに住むことになる。駅まで自転車で頑張って通うと言っていた晃一は一日で根を上げ、取っても取っても次の日にはまた出来ているクモの巣を史子は嫌々ながら取る。前の学校でクラスメートとうまくやっていけなかった梓美は新しく通う学校にも不安を感じているし、飼い犬のクッキーは人気のないところに向かって無駄に吠えることが多くなってきた。
智也と晃一の母親澄代だけが初めに気がついた。
智也は初め、近所の子供だと思った。小さな子で、コミュニケーションを取るのが酷く難しそうだったけど、何とか頑張って仲良くなった。頭のてっぺんで髪を結んだ、着物を着た変な子だ。
澄代はその子を初め、六助だと思った。口減らしのために東京の親戚にもらわれることになった末の弟の六助が、新しく移り住んできたこの家に何故かいる。
それは、座敷わらしだった…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く