銃・病原菌・鉄の要点・感想

4152viewsmako_mako_

このエントリーをはてなブックマークに追加
銃・病原菌・鉄 上下巻セット

<要点>

・人類の歴史を考えると、ユーラシア大陸はアフリカ大陸やアメリカ大陸に比べて東西の広がりが大きく、農耕文化が適応地に伝播しやすいという地理的条件に恵まれていたため、文明が発達しやすかった。

・ピサロがインカ帝国をごく少数の兵力で制圧できたのは、インカ帝国側が情報収集力に欠けていたことが主因として挙げられ、その根底には文字文化の発達度の差があった。

・中国地域がヨーロッパ地域に後れを取ることになったのは、国内政治による技術発展や外交拡大の抑圧があったためであり、その背景として中国地域が地理的に統一されやすい故の、地域間競争の減少があることを指摘できる。

<感想>

「なぜヨーロッパ地域が世界の覇権を握ることができたのか」などの歴史に関する根源的な問いを、地理的要因や農耕文化などの様々な観点から解説しています。古い本になりますが、良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く