すぐに天才になる! 脳活用勉強法!

4904viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法

脳が記憶できるものは一般に二種類あります。それは「感情が絡んだ出来事」と「本人が覚えようと意識したものごと」。

その記憶が、生命にとって必要であると脳が判断するから。

脳が記憶するためのこつの条件「感情」と「意識」を利用し、あたかもそれが生命にとって重要なものであると脳に勘違いさせなければいけないのです。脳をだまして記憶させる。

可能な範囲を無理なく覚える。

参考書は何種類も使用しないこと。

復習効果はあくまでも同じものに対して生まれる 。

コロコロと参考書を替えているとしたら、それは復習効果を自ら放棄しているようなもの。

基礎からレベルアップするのが近道。

二つの関係を同時に覚えるのではなく、一つひとつの段階を分けて覚えれば、学習効率が高まる。

「急がば回れ」が勉強時間を短縮させる。

いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていったほうが、結果的には早く習得できる。

人はそれぞれ筆跡が異なるにもかかわらず、同一の文字であるかどうかを見分けられます。つまり「似ている」ことが重要なのです。これも記憶が適度に暖昧で柔軟だからこそ可能なのです。記憶には「似ているもの」を覚えるために「似ていないもの」を削除していく消去法が使われている。

コンピューターのように正確無比な脳は「脳」としては役に立たないのです。人間とは忘れたり間違ったりするものです。その弱点を補うために、人はコンピューターや文字を発明し、開発したにすぎません。

細かいものごとの差を知るためには、まず一度、大きくものごとをとらえて理解する。

何かを習得しようとする場合には、まずは大局を理解しておく。

断片的知識はすぐに記憶から排除される。

ある分野の理解の仕方を覚えると、ほかの分野に対する理解の仕方までが上達するのは、脳ならではの特徴。

一つのことを習得すると、ほかのことに対しての学習能力も身につく。

単一のことを記憶するときでも、できるだけ多くのことを連合させたほうが良い。

耳の記憶は目の記憶より強い。

方法記憶とは、言わば、ものごとのエッセンスだけを抽出して覚えるようなもの。

勉強量と成績の関係は、単純な比例関係にあるのではなく、むしろ等比級数的な上昇カーブを描く。

勉強を始めてから効果がきちんと現れ始めるまでに、どんなに早くても三ヵ月はかかる。

何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日のうちに六時間以上眠ること。

お腹が空いているときのほうが、脳の記憶力は上昇する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く