聖の青春の書評・感想

2773views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
聖の青春 (講談社文庫)

本書は、現在は小説家として活躍している著者のデビュー作で、将棋を題材にしたノンフィクションです。新潮学芸賞を受賞しているようです。
著者はもともと「将棋世界」という雑誌の編集長だったようで、その関係で、本書の主人公でもある村山聖とも交流があったようです。
村山聖というのは、あの羽生善治も連敗することがあるほどの超絶的な強さを誇った棋士です。A級8段という棋士の最高峰近くまで上りつめ、後はタイトルを奪うだけというところまで来ながら、29歳という若さで命を落としてしまうまでの一生を小説のような雰囲気で綴った作品です。「怪童」と呼ばれるほどの驚異的な強さを誇りながら、無用な殺生に心を痛める純真さを持ち、なかなか掴みきれない性格にも関わらず、最後の最後まで多くの人に慕われ続けた男。谷川浩司を倒すという目標だけを抱き続け、本を読むことだけでどんどんと強くなっていった男。病気のために時々不戦敗を選択しなくてはならなかった彼のために、師匠はパンツを洗うことまでした。
人生を高速で駆け抜けた男の青春を余すところなく描ききったノンフィクションです。
いやー、久しぶりに素晴らしい作品を読みました。最近、「これは!」と思える作品になかなか出合えなかったんだけど、この作品は素晴らしいですね。まさに傑作だと思います。思わず、同じ著者の別の将棋の本「将棋の子」を買ってしまいました。
まず、村山聖という男が凄すぎる。
とにかく強い。将棋はルールくらいしか分からないんで、将棋が強いというのが具体的にどういうことなのかイメージするのは難しいんだけど、とにかく強かったらしいです。本書には、棋士から強いと思われれば本物だ、みたいな記述があって、まさに聖は棋士から強いと思われた男だったらしいです。
特に終盤には驚異的な強さを発揮したようです。
終盤というのは、もうそろそろ詰みそうだ(終わりそうだ)という状況のこと。ある時こんなことがあったようです。
棋界の重鎮の何人かが、ある終盤戦を検討している時のこと。関西将棋の重鎮で詰将棋の名手でもある内藤は、それを「詰む」と決断した。しかしそこで、ある奨励会員が「詰まない」と言っています、という話が届く。
その奨励会員というのが村山聖だ。実際その後の検討により、「詰まない」という結論になった。
それから、「終盤は村山に聞け」と言われるようになったようです。誰もが、詰むのか詰まないのかわからない局面で、聖はきっちりと答えを出す。その終盤の強さは圧倒的だったようです。
また、終盤の強さだけでは上にいる人間には勝てないと悟った聖は、序盤・中盤についても研究を重ね、やがて羽生善治さえも打ち負かすほどの強さを発揮していくわけです。
僕は、将棋が強いというのが羨ましいなと思うんで、自分が強くなれないのは分かってるけど、せめて強いと言われる人たちの指した将棋を見て凄いと思えるくらいになれたらいいなとは思います。本書は基本的に将棋の知識なしで読めますけど、時折どんな風な手を打ってどういう風に詰んだみたいな話が出てきます。その中で著者が、これは奇跡の一手だったみたいなことを書くんだけど、僕にはやっぱりそれがどれだけ素晴らしいのかというのが実感できないんですね。それがちょっと悔しいです。
また聖の素晴らしさは、その強さだけではありません。
例えば聖が中学生くらいの頃。聖に奨励会(つまり将棋のプロの入口みたいなところ)に入りたいと言われていた両親は、健康上の理由からそれに賛成できないでいた。そこで家族会議を開き、そこで説得してもらおうと考えた。
しかしその席上で聖は、「いかせてくれ」と頭を下げ、その後こう言ったのだ。
「谷川を倒すには、いま、いくしかないんじゃ」
それに対し、中学校の校長をしている親族の一人が、そんな若い頃から自分の将来を見定めているなんて素晴らしいじゃないか、というような発言をし、それを皮切りに家族会議が聖擁護の方向へと進んでいくわけです。
また、既にプロとして活躍していた頃、母親とこんな話をしている。
聖が新聞に、淀川で人が溺れて死んだという記事に対し、誰も助けにいかなかったみたいだと言った。母親は、泳げる人がいなかったんでしょ、と返したが、そこで聖は、何でそんなことを言うのか、と突っかかる。
聖は、自分は泳げないけど、同じ状況なら飛び込んだ、と主張する。弱い人や困っている人をただ見ているだけなら、たとえ自分がどうなっても川に飛び込むと。
聖にはいろいろあって大人への不信感があり、また子供の頃から病気だったために弱い者への異常なまでのいたわりがあった。髪や爪をなるべく切らないというのも、無用な殺生をしたくないからという現れなのだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く