ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験の書評・感想

2762views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)

本書は、2008年に10年ぶりに行われた、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)による5回目の宇宙飛行士選抜試験を、長い長い交渉の末初めて取材に成功したNHKのドキュメンタリー番組の書籍化です。
NHKのディレクターである著者は、JAXAが10年ぶりに宇宙飛行士を募集するということを知り、すぐさま取材の交渉に入った。しかし、JAXAは独自取材の難しい組織として有名だった。それは、巻末のあとがきに書かれたあるエピソードを読んでもわかる。NHKによるこのドキュメンタリーが放送された直後、JAXAに苦情が殺到したそうだ。それは、マスコミや記者たちからのもので、どこが取材をしても得られる情報に変わりはない、というのが共通認識だったのだ(とはいえ、「試験の密着取材ができると教えてくれれば、うちの社も申し出た」なんていう苦情を入れるのはおかしいな、と思いました。NHKだってもんの凄い長い交渉の末、JAXAの英断により取材が出来たわけで、「教えてくれれば」なんていうのはちょっと違うだろうな、と)。
しかし著者らは諦めなかった。宇宙に行くことに誰も驚かなくなった時代だからこそ、選抜試験に人生を賭ける若者の姿を世に訴える必要がある、と力説したのだ。億単位の税金をかけて宇宙に言った宇宙飛行士たちが、寿司を握ったり書き初めをしたりと遊んでいる映像ばかり見せられては、宇宙開発の重要さを伝えきることは難しいだろう、という思いが彼らにはあった。
長い長い交渉の末、NASAの取材許可まで取り付けた彼らは(NASAによる宇宙飛行士の選抜試験の公開も、50年以上の歴史の中で初だそうです)、書類選考の段階から密着し、落選はしたけど注目すべき応募者の取材をするなどし、そして最終的に、二次審査にまで進んだ10名の最終候補者たちの壮絶な選抜試験を目の当たりにする。
10名に残ったのは、自衛隊員・パイロット・女医・国際的な研究者・ベンチャー企業のサラリーマンなど多種多様だ。
実は宇宙飛行士というのは、平たく言うならJAXAの社員でしかない。給与も、30万ちょっとと、死と隣り合わせの仕事にしては破格の安さだ。当然、今の職を辞すことになるのだから、給与水準が大幅に下がるという人もいる。それでも彼らは、宇宙飛行士を目指すのだ。
10名は2週間の長期休暇をもらい、内1週間はJAXAで、残りの一週間はNASAでの試験となる。
JAXAでは、閉鎖環境適応訓練設備と呼ばれる、国際宇宙ステーションを模した環境に1週間置かれる。1週間外には出られず、外界との接触はマイクから聞こえる声のみ。その中で、15分刻みという過酷なスケジュールの中、数々の難しい課題をこなさなくてはならない、という試験だ。
課題は多岐に渡り、この閉鎖環境適応訓練設備での意見は本書のメインとなる一つである。最後の10名に残ったツワモノでも、閉鎖環境内で多大なストレスにさらされると、いつもの実力を発揮できないという状況に苦戦することになる。
その後NASAに行き、長年宇宙飛行士を養成してきたNASA独自の選抜を受ける。とはいえNASAの選抜で大きな比重を占めているのが、面接だ。技量などより、面接によって推し量れる部分を重視しているようだ。
そうして、最終的に宇宙飛行士が決定されるまでの流れを、それぞれの最終候補者たちの履歴なんかにも触れながら描いていく作品です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く