アップルを創った怪物の書評・感想

6480views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

本書は、あのipodを売り出したりした世界的企業「アップル」の、もう一人の創業者と言われるスティーブ・ウォズニアックの自伝です。自伝とありますが、ウォズニアックが語った内容をライターが文章に起こしたもののようで、文章も語り調子がそのまま残った訳になっています。
アップルと言えば、スティーブ・ジョブズの方が圧倒的に有名でしょう。彼に関する本は山のように出ているし、僕もいくつか読んだことがあります。プレゼンの魔術師であり、問題行動で周囲を振り回す奇人であり、パソコンと音楽と映画の世界を一新してしまった天才であり、その動向は常に注目されています。
彼と比較すると、本書の主人公であるウォズニアックの方は、一般的な知名度は低いでしょう。しかし彼は、エンジニアの世界ではもはや伝説的とも言える存在なのだ。なにせ、今僕がこうして使っているパソコンの原型をほぼ独力で生み出した人間なのだ。アップルⅠという、初めてキーボードとディスプレイを持った形のパーソナルコンピューターを、たった一人で設計してしまった男。エンジニアとしての実力は神がかっているようで、今でもかつて生み出した製品についてどうやったのかというようなことを聞かれると言います。現在何をしているのかはよく知らないけど、基本的にコンピューターオタクなので、今でも何か作っていることでしょう。
これまで自伝を書かないかという話は何度もあったようだけど、書かなかったそうです。とにかくいろいろと忙しかったんだそうです。でも今回出すことにしたのは、アップルやジョブズとの関係についてあまりにも間違った言説が流布しているのを訂正したいと考えたからなんだそうです。ウォズニアックはアップルに不満があって退社したことになっているし、ジョブズと諍いがあったという風に言われています。僕もそういうような内容を本で読んだことがあります。でも実際はそうではない、ということを知って欲しかったのだ、と言っています。
ウォズニアックが子どもの頃の話から始まります。彼の父がロッキード社でミサイル開発をしていたようで(しかし父親の仕事については家族では極秘だったようで、詳しいことは一切教えてもらえなかったとのこと。国と密接に関わるような仕事をしていたんでしょうね)、とにかくすごいエンジニアだったようです。ウォズニアックがまだ物心つくかつかないかという頃から、エンジニアに関する様々な知識をくれたし、一緒にいろんなものを作ってくれたそうで、その子どもの頃の経験が素晴らしく役に立っているようです。
大学に入ってからもエンジニアオタクであることには変わらず、とにかく四六時中何か作っているか紙の上で何か設計しているような生活だったそうです。その後HP社で電卓の仕事に関わるようになるのだけど、その頃有志が立ち上げたコンピュータに関する会合みたいな場で、かつて自分が設計したことのあるコンピュータの設計図を目にし、自分が最先端にいたことに気づく。それからすぐさまコンピュータの設計・製造に入り、それが後にアップルⅠと呼ばれる世界初のパソコンとなる。
というような、ウォズニアックのこれまでの生き方が書かれた本です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く