火星ダーク・バラードの書評・感想

1804views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
火星ダーク・バラード (ハルキ文庫)

舞台は、火星に人類が住み始め、既に火星生まれの人類が現れ火星独自の文化が生まれている、そんな遠い未来の話。火星全体をテラフォーミングするのではなく、火星のごく一部をパラテラフォーミングすることで、資金を抑え火星移住への現実的な道筋を切り開いた。深い峡谷を透明なドーム状のもので覆った都市がいくつか点在する火星には既に、地球への郷愁を抱くことのない、それどころか火星よりさらに遠い宇宙へと思いを馳せる人々がたくさんいる。
水島は、とある事情で地球で刑事になることが出来ない男で、どうしても刑事になりたかった水島は、人手不足のため若干の経歴には目を瞑る火星へとやってきて、治安管理局員となった。地球で言う刑事と同じで、犯罪者を追い詰める立場だ。
水島は、仕事への熱意は人一倍あるし、筋の通った男気のあるやつなのだが、いかんせん協調性に欠け、常にバディと不和を起こしていた。しかし現在のバディである神月璃奈とは奇跡的に相性がよく、長いこと信頼できる相棒として一緒に仕事をしてきた。39歳の水島は、若く美しい璃奈に若干惹かれている自分も自覚していた。
快楽的に女性ばかりを殺しまわっていた凶悪犯ジョエル・タニを捕まえ列車で護送中、何か奇妙な出来事が起こり、それが水島の人生を一変させることになる。意識を失った水島が目を覚ました時、目の前にあったのは惨状だった。璃奈は銃でメッタ撃ちにされ、ジョエルは逃亡してしまっていた。車内で唯一生き残った水島は、璃奈を殺害した容疑で逮捕されてしまう。
水島には、自分が何をしたのか、あの時の状況がどうだったのかという記憶がない。幻覚を見たのは間違いないが、璃奈を撃ち殺すことなどあるだろうか?とにかく、真実を知りたい。しかし、治安管理局を管理する司法省直轄の組織である調査室は、明らかに水島に対して隠し事をし、嘘をついている。
どうにかして自身で調べることを決意した水島だったが、何か強大な力が働いているようで、自由には動けない。しかし水島はあることをきっかけにして、アデリーンと名乗る少女と出会う。アデリーンは水島に、とてもではないが信じることなど出来ない荒唐無稽な話をした。火星の総合科学研究所が、進化した人類<プログレッシブ>を密かに作り上げているという。アデリーンもその一人で、先の列車事故は自分のせいで引き起こされたというのだが…。
というような話です。
いやはや、これは面白い作品だったなぁ。僕はホントSFが不得意な男で、あんまりSF作品で面白いと思える作品に出会えることが少ないんだけど、この作品は凄く面白かったです。
設定としては、伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」や、トム・ロブ・スミスの「チャイルド44」のような、超絶的に不利な状況下でどうやって逃げるか、という話が結構メインになっていきます。とにかく、立場的にはほぼ丸腰の一介の管理局員が、火星政府を背景に持つ超巨大組織から逃げ延び、さらにそれだけではなくアデリーンという少女や、他にも水島に関わったことで追われてしまうようになった人たちを守る、しかも同時並行でその強大な組織が必死で隠している情報を暴きだそうとする、という部分がストーリー展開の中核になっていきます。

感想

物語は、凶悪犯を護送中の列車内で起こった、傍目から見ればちょっとした事件から、とてつもない話へと展開していく。SFの設定も見事だけど、水島を中心としたサスペンス的な展開は読み応えがあるし、これがなんと恋愛的な要素も見事に絡みあって、一体感のある世界観を生み出している。これがデビュー作だからなぁ。凄いものですよ、ホント!
SF的な作品が苦手な人も多いかもしれないけど、SFが基本ほとんど読めない僕でも読めた作品なのでそこまでハードルは高くないだろうと思います。長い作品ですけど、一気読みできてしまうのではないかと思います。表紙も素敵だしなぁ。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く