夏光の書評・感想

2171views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏光 (文春文庫)

「夏光」
戦時中、家族と離れ叔母さんの家に疎開させられた哲彦は、疎開先で馴染めず、母を恋しく思う毎日だった。唯一の友達である喬史と、いかにして電車に無賃乗車し母の元に行けるか、という相談をよくしていた。
喬史はいじめられていた。スナメリという、その土地で不吉だと信じられている海の生き物を母親が食べたせいで呪われたのだ、と言われていて、喬史の顔の左半分は黒い痣で覆われていた。そして喬史の目には…。

「夜鷹の朝」
病に罹り、教授から療養を勧められた石黒は、教授の遠戚だという桑田家へとやってきた。秀麗な建物には、夫婦とお手伝いさんが住んでいた。
最初の日、石黒は階段の踊り場に一人の少女の姿を認めた。しかし家人はみな、少女の存在に気づいていないように振舞っている。石黒は、彼女の部屋にいりびたるようになる。常にマスクで隠された口元を見たい、と思いながら…。

「百焔」
美しい妹・マチは周りからチヤホヤされ何でも手に入れるのに、美しくない姉・キミはまったく何も得られない損ばかりしている人生だ。キミは常に妹と比べられる人生にうんざりし、知り合ったカフェの女性に相談すると、百の焔の厄返しなるものを教わった。百本のろうそくを毎日燃やし続ける、風除けなどはしてはならず途中で消えてもいけない、というもの。一生に一度しか出来ない願掛け、いや呪いであるという。キミはさっそく実行に移す…。

「は」
大学時代から頑強な男だった熊埜御堂が、ある時右腕を失って入院したと聞く。その後長谷川は熊埜から、快気祝いとして家で鍋をするから来てくれないか、と誘われる。ただし、出されたものは決して残さないで欲しい、という忠告を付け加えて。
そこで長谷川は、熊埜が右腕を失うことになった奇妙ないきさつを知ることに…。

「Out of This World」
パイロットになりたいと願っているマコトは、転校してきたマジシャンの息子・タクと夏休み中よく遊んだ。タクは、マジックに失敗してその世界から干されてしまったらしい父親から虐待を受けているという噂があったけど、マコトたちの前ではそんな素振りは見せなかった。タクは何故か耳から音が鳴り、しかもどんなタネがあるのか、宙に浮くことも出来たのだ…。

「風、檸檬、冬の終わり」
自ら望んだわけではないが、10代の頃は人身売買組織の片棒を担がされていたあや子。あや子は、人間の感情を鼻で嗅ぐことが出来るという謎めいた特技があり、それは結果的に、人身売買される少女たちを監禁するというあや子に与えられた仕事をまっとうするのに役立った。
そこであや子はチュマーと出会った。チュマーというのはあや子が勝手につけた名前で、しばらく後にはいくつかの臓器の断片にさせられてしまう女の子だった。あや子はそのチュマーから、生涯理解することの出来なかった特別な感情の匂いを嗅ぎ分けたのだが…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く