陽気なギャングが地球を回すの書評・感想

1403views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

人の嘘がわかってしまうリーダー成瀬、スリの達人久遠、演説の達人響野、完全無欠な体内時計を持つ雪子、という奇妙な人間達が組んで銀行強盗をする。もう何度もやりなれていて、手際もチームワークも最高にいい。
ところが、間違いなくうまくいったはずの銀行強盗は、逃走中の現金輸送車ジャックの車と接触してしまうことから破綻していく。金を奪われるはめになった四人組は、しかし久遠が掏った財布を手がかりに金を取り戻そうとする・・・

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く