もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へのあらすじ・感想

2528viewsきゃろっちきゃろっち

このエントリーをはてなブックマークに追加
もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫)

あらすじ

舞台は江戸・本所深川。鵙屋(いわゆる現代のリサイクルショップ)の手代として働くちょっと天然気味な周吉。そんな周吉を突っ込み続けるのは、口が達者で力も強いやけに世慣れしている妖狐オサキ。飄々としているものの腕は確かな柳生蜘蛛の介に、鵙屋の一人娘で周吉を好いているお琴。さまざまな登場人物と触れ合いながら、凸凹コンビが本所深川を駆け巡る明朗闊達な妖怪時代劇。

今回のお話

本所深川で槍つき事件が多発する中、周吉(オサキを含む)が働いている鵙屋のなじみ客が殺された。犯人もわからないまま、今度は鵙屋の一人娘のお琴が行方不明に。犯人は一体誰なのか、目的は何なのか、そしてお琴は無事なのか。
「周吉、鬼が出たよ、ケケケッ」

感想

「時代小説は単語が難しくて苦手」
「妖怪ものは好きだけど怪談はちょっと…」
という方でも、安心して読み進めることができる本です。いい意味で漫画っぽいと言いますか、情景描写も淡々としている分、物語がサクサク進みます。

ものすごい霊力を持つ天然気味な周吉に、お節介でからかいつつも従うときは従う妖狐オサキ。なぜか周吉よりも世慣れしているのか、お琴の女心にも敏感。升屋の油揚げをこよなく愛する家族であり仲間でもある周吉のパートナー。

凸凹コンビもさることながら、他の登場人物も魅力的です。私のお気に入りは、飄々としているのにものすごく強い柳生蜘蛛の介。団子を食べる姿や、ワザを決めたときのセリフなどがカッコイイおじいさん。鵙屋のおかみさんであるしげ女も粋な言葉で江戸らしいです。

ところどころに散りばめられる江戸の説明に、当時の情景を思い浮かべることが出来て、まるで時代劇を見ているような感じで読み進められます。大体は一節ごとに区切りがついているし(続いているものもありますが)、紹介のような言い回しが何度も出てくるので、細切れの時間で読んでも内容が飛びにくいと思います。

なにか、時代小説っぽくて、でもハードではない内容の妖怪モノが読みたい方は一読をお勧めします。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く