ラブホテルで殺人事件?弥勒の掌の書評・感想

1634views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
弥勒の掌 (文春文庫)

高校で数学を教えている辻は、3年前にしてしまった生徒との浮気が発覚したために、妻とは家庭内別居のような状態だった。その妻が、ある日いなくなった。ようやく嫌気が差して出て行ったのだと思い、居場所を探すわけでもなく、捜索願を出すわけでもなくしばらく過ごしていたが、やがて警察から、妻の失踪に辻が関与しているのではないか、つまり辻が妻を殺したのではないかと疑われるように、その疑いを晴らすべく妻の行方を捜し始める。
一方、刑事の蛯原は、汚職の疑いで人事に目をつけられてしまった。実際にヤバイことをしているので、バレるのは時間の問題かもしれない。そんな中、妻がラブホテルで殺されたという一報が入る。蛯原は、妻を殺した人間を見つけ出してぶっ殺してやると決意するのだが…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く