相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学の書評・感想

1724views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学―アインシュタインと膨張する宇宙 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

日本語のタイトルは、「相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学」となっていますが、本作ではそこまで幾何学の話が扱われるわけではありません。まあ、宇宙物理系の本にしては確かに幾何学の話は多いような気がするけど、しかしあくまでもメインは相対論であり宇宙であると思います。何故宇宙の膨張は加速しているのか、という問いに端を発し、その問題とアインシュタインの相対性理論がいかに関わってくるのか、ということをメインに据えた作品

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く