月曜の朝のつらさの克服方法がわかる本!なぜ月曜の朝はつらいのか?の書評・感想

2383viewsasinottiasinotti

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ月曜の朝はつらいのか?

まえがき

誰でも経験咲いたことがある月曜の朝のつらさ、その克服方法は社会人生活全般にも通じる必見の良書。

第一章

なぜ月曜日の朝はつらいのか?月曜日に起こっている体調の変化など「つらさ」の原因をわかりやすく解説。生活のリズムの切り替えなど克服方法を探っていく。月曜の朝のつらさは誰もが経験すること。そのメカニズムと適切な対処法を知ることで社会人生活のスムーズに過ごそう!

第二章

月曜日の朝のつらさの原因はまずは、仕事に対する不安。悲観的な想像などがより環境を悪くする。うまく仕事の不安と付き合っていくには?これは月曜日に限らず普遍的な内容であろう。本書はこのテーマを「月曜日の朝」を切り口に様々なアドバイスを送ってくれている。仕事への不安に対する心理的な対処法をいろいろ紹介。月曜日の不安もこれなら軽くなるはず。各章には職場で気軽にできる気分転換の運動等の情報も非常に有難い。

第三章

続いては、やる気が起きないのはなぜ?かについて。体からはやる気がでない様々なメッセージが出ているという。それを読み解くには?特に作業や職場環境などのちょっとした改善で体のやる気を起こさせる方法を紹介。これを読むことでまずは体を動くようにしよう!

第四章

続いて、職場の人間関係を改善する為に。これも月曜日の朝に会社に行く時に体が重くなる原因の一つであろう。本書では、人間関係がうまくいかないのは「自分の理想を相手に求めてしまう」からと切り出し、自分の気持ちの持ち方の改善に挑む。そしてやはり人間関係は他人があってのもの。いかに他人と付き合うか、様々なタイプの人間との戦略的な付き合い方を指南している。

おわりに

本書では「月曜日の朝」を切り口に、健常な精神状態の人でも陥る、社会人生活での様々な問題をわかりやすく解説するとともに、心の持ち方、対処法、そして実際に体も軽くする運動法なども加えて教えてくれる。社会生活を始めた方から、働き盛りの社会人、そして体が言うことを効かなくなってきたベテラン社員まで広く対応する、社会人の心と体を軽くしてくれる良書である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く