フェイスブックの落とし穴、フェイスブックを安全に使う9つの鉄則

6410viewsM.H.M.H.

このエントリーをはてなブックマークに追加
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2012年 2/22号 [雑誌]

Newsweekが最新号の特集記事でFacebookを真っ向から批判しています.用心深い人はうすうす感じていたことだと思いますが,ここまでつまびらかにされると衝撃的でさえありますね.

手紙「偽ザッカーバーグから利用者の皆様へ」

・実を言うと私どもは皆さんのプライバシーを守ることには何の関心もありません
・あると信じているみなさんは私どもの想定外の愚か者です
・もちろん私どもは皆さんが相当の愚か者だと想定してきました
・私どもが皆さんを守るというのは養鶏業者が鶏に快適な暮らしをさせると約束するようなものです
・私たちは何度も悪質な行為を繰り返してきましたが皆さんは私どもを見捨てないのはなぜか?
・本当は自分のプライバシーの侵害など気にしていないからでしょう
・皆さんは自主的に使い続けているのです
・要するにプライバシーなんてクソくらえです
・当局とのやりとりは面倒ですが間もなく手に入るはずの巨大な報酬を思えば微々たるものです
・株式の新規公開で私どもの時価総額は1000億ドルに達する予定です

フェイスブックの落とし穴

・8億人以上が登録する世界最大のSNSフェイスブックだが,アメリカでは多くの人々がトラブルに巻き込まれ,個人情報に対する方針にも不信感が高まっている

◆利用者の個人情報で荒稼ぎ
・フェイスブックの利用料はタダではなく利用者たちは現金の代わりに個人情報の形で支払っている
・利用者がフェイスブックに渡した多量の情報はまとめ分析され広告主に売り付けられている
・フェイスブックの世界では個人情報がマネー
・個人情報に関するルールは次々と変更され,利用者はますます多くの個人情報を暴露しなければならないように仕向けられている
 =実質的には一方的な料金値上げの連鎖と同じ
・一つ一つはゴミみたいな個人情報も集まれば莫大な価値を生む
・フェイスブックは昨年37億ドルを稼ぎ出した
・フェイスブック利用履歴をすべて他人の目に晒すことになる新機能「タイムライン」も近くすべての利用者に強制適用
・見せたくない履歴を削除するためにはオンライン説明書を熟読し,複雑な手順を理解する必要
・フェイスブックは故意に手順を複雑にし,大部分の人が諦めるようにしてるのではないか
・システム全体が情報の公開とシェアを促すようにできているので,ほんのちょっとの操作ミスで大事な秘密が漏れる
・フェイスブックの台頭は,娯楽や快楽の洪水に溺れた私たちが大事な権利を進んで放棄する「すばらしい新世界」の始まりを意味する

◆ザッカーバーグは信用ならない
・ユーザーの個人情報を広告主と共有することはないと主張してきたが実は最初からしていた
・実はユーザーがログインしてない間も追跡
・これほど楽々と恥知らずに嘘をつく会社は他にない
・フェイスブックの嘘の繰り返し

  プライバシーの侵害に関して苦情
    ↓
  最初は否定
    ↓
  結局は間違いを認める
    ↓
  一部の措置を撤回
    ↓
  騒動が収まるのを待つ
    ↓
  新たな個人情報の獲得

・時代遅れのプライバシー概念は捨てろとザッカーバーグは言うが,彼自身は自分の本音をオープンにしない
・映画にあるようにハーバード大の別の学生からフェイスブックのアイデアを盗んだという疑惑
・共同経営者サベリンを裏切り追い出す

◆利用者はフェイスブックの顧客ではなく広告主に売る商品

フェイスブックを安全に使う9つの鉄則

1)今すぐ公開範囲を「友だち」に
2)安易にアプリを使わない
3)動画のリンク先に要注意
4)生年月日を安易に公開しない
5)写真のシェアは慎重に
6)「警告」ソフトを利用
7)スマホのパスワード設定
8)他人のコンピューターに注意
9)飲酒してログインしない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く